正しい筋肉トレーニングとは

正しい筋肉トレーニングとは

椎間板ヘルニアの治療の基本は保存療法となります。そして、痛みがある間はまずは安静にしておくことが保存療法の第一歩です。

痛みがある程度緩和されてくると、筋肉トレーニングなどのリハビリ療法が始まります。

背骨を支えている筋肉を鍛えて、負荷が直接背骨にかからないようにすることで、椎間板ヘルニアの予防・再発防止に努めます。

椎間板ヘルニアの予防・再発防止の為に、「腹筋や背筋、上腕二頭筋や大腿四頭筋などを鍛えるように」と医師からいわれます。

腹筋一つを鍛えるにしても、間違った体勢で行ってしまうと、椎間板ヘルニアの再発につながることがあります。
リハビリでは、このような事が無いように、まずは正しい筋肉のトレーニング法を指導していただきます。

筋肉を鍛える場合には、関連する筋肉をバランスよく鍛えなければなりません。
間違った方法や、ある一つの筋肉の身を片寄って鍛えると、かえって体のバランスを崩し逆効果となります。
筋力はあればあるほどいう考え方は間違いで、実はバランスが大事なのです。

椎間板ヘルニアの場合、腹筋・背筋と共に腰を支えている足の筋肉「大腿四頭筋」をきちんと鍛えることが重要になります。

大腿四頭筋は、いわば人間の土台である「足」の筋肉で、これが衰えてしまうと、体の上部をしっかりと支えることが出来なくなり、その負担を腰で支えることになってしまいます。

椎間板ヘルニアが低年齢層でも起こるのは、運動不足などで足の筋力が弱く、そこに食生活の悪さなども加わっていることが原因とされています。

筋力はバランスよく適切につけていくことが大事になりますが、大腿四頭筋をしっかりと鍛えることで、骨盤・腰椎が安定し、椎間板ヘルニアの改善ができ、再発予防に繋がります。

また、筋肉トレーニングの前には必ず柔軟体操やストレッチをゆっくりと十分にするようにして下さい。
柔軟体操を充分しないで、いきなり筋肉トレーニングを行う事は怪我や、背骨を傷める原因となり危険です。

また、あまり強い運動はしないように、出来ればゆっくりと多少の余裕を残しながら気持ちにラクにして行う事が重要です。

リハビリは継続が大切です。
飽きずに継続させるためにも無理は禁物です。

良い医師、理学療法士、良い治療家、を間違えずに選択し、良いリハビリができることが椎間板ヘルニアの治療や再発防止には重要です。