痛みを取るための一時的対症法「神経ブロック注射」

痛みを取るための一時的対症法「神経ブロック注射」

椎間板ヘルニアは、急激に発症することが多く激痛を伴うために、椎間板ヘルニアに対する知識が無い時に起こってしまうと動揺し、対処法を誤ってしまう事があります。

椎間板ヘルニアを発症した時は、慌てないでまずは安静にすることが重要です。
椎間板ヘルニアは、時間はかかるものの、通常自然に治癒されることが多い疾患です。

治療は先ずは保存療法で対処されることが一般的で、痛みを取るための鎮痛剤などが処方されます。
痛みが酷くで我慢できない場合や、どうしてもすぐに痛みを取りたい場合には、一時的な治療法としてブロック注射を行います。

ブロック注射は、神経圧迫による痛みを緩和させるための注射で、ペインクリニック整形外科で行われます。

脊髄を覆う膜(=硬膜)と黄色靭帯の間に、硬膜外腔という数ミリの隙間があります。そこに局所麻酔を注入し、神経をブロックする治療法です。
ブロック注射には、よく行なわれる方法として、下記2種類があります。

【腰部硬膜外ブロック】

背中を丸くして、針を刺して硬膜の外側に薬を注入します。
薬液は、通常、局所麻酔薬ですが、場合によってステロイド剤を使用します。

万が一注射針が硬膜を貫いてしまえば、その場所から髄液が漏れ出す可能性があり、髄膜炎を発症する場合もあります。
施術者は高度の手技(腕・技術)が必要となりますので、しっかりした専門医がいる病院で、受診されることをお勧め致します。

病院によっては 局所麻酔剤を使わずにステロイドだけを入れる事もありますが、ステロイドのみだと、やはり効果は弱いようです。

【仙骨部硬膜外ブロック】

うつ伏せに寝ころび、お尻の割れ目の高い部分(仙骨のあたり)に、注射をします。
薬剤は、局所麻酔薬を使用します。

腰部硬膜外ブロックに比べ仙骨部硬膜外ブロックは、硬膜の中に針が入る可能性が少ないので、安心できるブロック注射かもしれません。

仙骨部硬膜外ブロックで万が一頭痛などを発症した場合、局所麻酔薬による急性薬物中毒が考えられます。

「通常、腰に刺す注射は痛い」といわれますが、ブロック注射はあらかじめ痛み止めを注射してから行うため、ほとんど痛みを発症することもありません。

硬膜外ブロックは誰でも可能ではなく、心臓病・脳血管障害・アレルギー体質などの発症例がある患者に対しては、使用しない事が殆どです。

また、硬膜外ブロックは根本的な治療ではなく、一時的に痛みを抑える注射であるという事を認識し、専門医と密に話し合ってから、決めるようにしなくてはなりません。