神経が障害を受ける部位によって症状は違う

神経が障害を受ける部位によって症状は違う

腰椎椎間板ヘルニアで、腰痛や足の痺れなどがあると坐骨神経痛を発症しているといわれます。

坐骨神経は、どこにあってどうして痛くなるのでしょうか。
神経の大元は脊髄ですが、脊髄は第1・2腰椎間で終わっており、それから下は馬尾神経いわれる神経となっています。
これは、まるで馬の尾のような、細い神経が1本1本集まって束となって、硬膜といわれる神経を入れる袋の中に、脊髄液と共に入っているのです。

馬尾神経から更に枝分かれした神経が神経根となって、それがまた束となって大腿神経や坐骨神経となります。
坐骨神経は、第4~5腰神経と第1~3仙骨神経からなり、梨状筋の下を通って大腿後面を下行し、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。

神経根は椎間板の後ろを通りますので、椎間板が後ろにとびだすと刺激されて痛みを生じます。これが、椎間板ヘルニアという事です。

神経根が圧迫される場所によっては坐骨神経をも刺激することになり、椎間板ヘルニアの症状として、下肢の痺れを伴う坐骨神経痛を発症するのです。

ヘルニアが生じた部位により、下肢に現れる症状が違ってきます。
第4~5腰椎間のヘルニアでは第5腰神経が圧迫されるため、下腿外側から母趾(足の親指)にしびれや痛みがあり、母趾の背屈(手前側に反らせる動作)ができにくくなります。

第5腰椎~第1仙椎間のヘルニアでは第1仙骨神経が圧迫されるため、足背外側(ふくらはぎから足首の外側くるぶしを通り足小指まで)と足底にしびれや痛みを感じます。
足でのつま先立ちができにくくなるのも特徴です。

一方、脊柱管の中心にある馬尾が強く圧迫された場合には、重症化することが多く、便秘や肛門周囲のしびれや痛みがあり、時には排尿困難、歩行困難も生じます。