椎間板ヘルニアの慢性期の治療「温める」と「半身浴」効果

椎間板ヘルニアの慢性期の治療「温める」と「半身浴」効果

椎間板ヘルニアの症状は急激で且つ激痛に襲われることが殆どです。
「冷やす」「温める」についての対処の方法は、「急性期(初日~3日)」と、それ以降の「慢性期」によって分かれます。

【急性期】

椎間板ヘルニアの初期症状は、腰から足先にかけての「強烈な痛み」がその特徴で、この原因は多くの場合で「筋肉の炎症反応」なのです。

突然の「過負荷」、あるいは疲労が限界に達し筋肉が耐え切れなくなったなどが原因で、限界を超えた筋肉が「炎症反応」を起こしてしまい、「発熱」「発痛」を起こした結果、激痛に見舞われるといわれています。

このように炎症反応を起こしている時は「温める」ことは、炎症反応を助長するようなもので、決して行なってはいけません。

椎間板ヘルニアでは、「急性期」に最も必要なのはこの筋肉の炎症を抑えることであり、その為には「冷やす」事で発熱の沈静化を図らなければなりません。

数日安静にしながら冷やしていると炎症が治まり、「痛み・発熱」共に治まってきますので、その時からは「暖める」事が始まります。

【慢性期】

「急性期」を過ぎて、痛みが沈静化してからは、椎間板ヘルニアには「温める」という対処/治療が効果的となってきます。

慢性期には筋肉の炎症はおさまっています。
ただ、筋肉は疲労困憊の状態で機能不全を起こしていますので、温めて筋肉の凝りをほぐしてあげればいいのです。

その為に自宅でできる入浴は、「温める」という点でとても効果的です。
筋肉を暖めるという事は、コリ固まった筋肉を弛緩し、筋肉に沿って走る血管の血流を改善します。
その結果、筋肉には血液を通して十分な酸素と栄養が循環し、筋肉の回復がより一層促進されるのです。

半身浴は全身浴よりも身体を温める効果があります。
半身浴が良いとされるのは外側からお湯で温めるというよりも、足元で温まった血液の循環を利用して内側から身体を温めていく事、溜まった疲労感の元になる乳酸を体外へ排出しやすくなる事などです。
また、全身浴よりも身体への負担が少ないので、高齢者や妊婦の方も安心です