腰椎椎間板ヘルニアの保存療法

腰椎椎間板ヘルニアの保存療法

腰椎椎間板ヘルニアになった場合、余程の重症患者や、また本人が早く仕事復帰を果たしたいなどの要望がないかぎり、手術は行わず保存療法で治療されます。

また、腰椎椎間板ヘルニアのなかで、髄核が飛び出したヘルニアは炎症が強く、その炎症反応が強いと白血球の中のマクロファージが活発に働くようになります。
マクロファージは異物を食べる働きをもっていて、飛び出した髄核を異物とみなし食べて吸収してしまうと考えられています。
これも、手術は行わないで治療をする理由の一つです。

【薬物療法】

「非ステロイド消炎鎮痛薬」・・・急性の痛みが強いときに使用し痛みをやわらげる為の薬で、多くの種類があり、それぞれ作用時間や投与方法などが異なります。

「筋弛緩薬」・・・神経・細胞膜などに作用して、痛みによって起こっている筋肉の緊張をやわらげます。

「ビタミンB12製剤」・・・障害を受けた末梢神経の修復を促進させる効果があり、しびれ、痛み、筋力の低下などの末梢神経障害を改善します。

これらの薬は、腰痛や坐骨神経痛などの症状によって、組み合わせて使用します。

【物理療法】

「温熱療法」・・・血行を改善し、筋肉の緊張をほぐして痛みを軽減するための療法です。
遠赤外線やレーザーなどを用いたり、他にも超短波、極超短波、超音波などが用いられます。

「牽引療法」・・・椎間板の内圧を下げて、痛みをやわらげるための療法です。

「装具療法」・・・疼痛性側弯の進行予防や、痛みが強い急性期に体幹を固定して症状を出にくくする目的でコルセットを使用します。

【運動療法】

痛みの強い急性期を過ぎたら、それぞれに合った運動をして、症状の軽減や再発防止を目指します。

「ストレッチ」・・・背骨まわりの筋肉などを柔軟に保ち、異常な負荷がかからないようにするためのものです。

「筋肉トレーニング」・・・背筋・腹筋・腸腰筋など、腰を支える筋肉を強化して、背骨にかかる負担を減らす

【神経ブロック】

痛みが激しい場合や薬物療法や物理療法の効果が十分にでないときに行います。

「硬膜外ブロック 」・・・脊髄をおおっている一番外にある硬膜の外側にある空間へ、局所 麻酔薬などの薬剤を. 注入し部分的に神経を麻痺させ、神経 の興奮を抑え、痛みを和らげることです。

痛み止めの薬で効果がでないときに、週1回のペースで5回くらい行う

「神経根ブロック」・・・硬膜外ブロックの効果がみられないときに行う。神経根に直接、注射する