椎間板ヘルニアとスポーツバイク(自転車)

椎間板ヘルニアとスポーツバイク(自転車)

自転車は腰に負担が少ないといわれていて、乗ると前傾姿勢になる事から脊柱管狭窄症の患者さんには、痛みを軽減する手段として推奨されています。

しかし、椎間板ヘルニアに関してはどうでしょうか。
最近は、ママチャリ以外では、ハンドルがフラットだったりドロップだったりして前傾姿勢を強制される自転車が多いようです。

クロスバイクやロードバイクは腰をかなり曲げて低姿勢で走行するため、実は腰への負担が大きいのです。
特に腹筋と背筋が未発達な段階で無理をすると、腰を痛めやすいようでロードバイクでヘルニアになった方もいらっしゃるようです。

椎間板ヘルニアとは、脊柱の椎骨間にある椎間板の中心部の髄核が後方へ脱出するもので、腰痛を発症したり、脊髄神経根を圧迫して下肢に放散痛や痺れ、筋力低下をもたらすものです。

このメカニズムからすると、椎間板が後方へ押し出される力が加わると更に症状は悪化してしまいます。
これは猫背姿勢のなった時、体幹前傾によって脊柱全体が屈曲し、前方の椎間板内圧が上昇して後方の内圧が低下することによって後方に押し出す力が生じるためです。

自転車では前傾姿勢が腰に悪いといわれる所以は椎間板内圧の変化によるものと思われます。
椎間板ヘルニアのある方や経験したことのある方は、クロスバイクやロードバイクのような前傾姿勢が必要な自転車は要注意なのです。

しかし、自転車は楽しみたいという方は、サドルポジションを思いっきり前傾させることで対処できるようです。

腰に負担をかけない方法は、猫背を避ける事ですからサドルポジションを前傾させると、骨盤は上に押し上げられ腰から上は立居と変わらないようになるはずです。

椎間板ヘルニアを経験した方で、でもスポーツバイクは楽しみたい方は一度医師や自転車の技師とも相談して試してみるといいでしょう。