杖の利用で歩行が楽になる

杖の利用で歩行が楽になる

高齢者が杖をついて歩行している姿は日常よく目にする光景ですが、椎間板ヘルニアで激痛があり歩行困難な場合などにも、杖の利用で腰にかかる負担が減って歩行が随分と楽になる事があります。

杖を選ぶとき注意する点は、やはり体に合ったものを選ぶという事です。
杖なら何でもいいような気がしますが、体に合わないものは足に負担がかかり、転倒する危険があります。

【杖の種類】

「一本杖・・・握る部分によって分かれます」

C字型・・・椎間板ヘルニア患者のように、体重をかけると杖がたわんでしまうことがあるので、体重をかけて使用する場合には不向きです。

T字型・・・一般的に使われています。
握るときに人差し指と中指の間に杖のフレームを挟んでグリップに体重をかけるようにします。
身長に合わせてグリップの種類も変わります。

L字型(オフセット型)杖・・・グリップを握ったときシャフトが指にジャマにならないのが特徴です。
多くの場合、多点杖(杖を3~4本の足で支える)のグリップとして使われています。

ロフストランド杖・・・前腕を支えるカフ(腕を固定する「輪っか」)を備えた杖で前腕部支持型杖とも呼ばれています。

カフとグリップの2カ所で体重を支えることで安定した歩行ができます。
また、体重も分散しやすく、握力の弱い方や、手首に力が入りにくい方に適しています。

「多点杖(杖を3~4本の足で支える)」

脚が3本〜4本ある、安定性のある杖のことで、脚が3本あるものを「三点杖」、4本あるものを「四点杖」といい、右用・左用があります。

杖先が分岐しているので、すべての杖先が床に接したとき、非常に安定感がありますが、凸凹したところではかえって不安定になります。
杖を突くときは、真上からまっすぐに突くように、また、4本の杖先がすべて床面に着くように突いて歩行します。

デコボコの床では安定せず少々危険で、屋外では多点杖を使えないことが多く、実質的には屋内専用といえるかもわかりません。

支柱の材質は木製、アルミなどの金属製、カーボン製などがあり、金属製やカーボン製には長さの調節装置が付いているものが殆どです。
木製は購入の際、体に合わせてお店で切ってもらう必要があります。

杖は軽ければよいというものではなく、ある程度重量があった方が杖をふり出しやすいという方もいらっしゃいます。数種類の杖を試してみて、適度な重さの杖を選択するとよいでしょう。