椎間板ヘルニアと整体治療

椎間板ヘルニアと整体治療

整体治療の特徴は、西洋医学のように薬物療法などを用いて免疫力を回復させる治療方法ではなく、あくまでも人間が生来持っている自然治癒力によって症状を改善させるためにおこなう手技療法です。

つまり、整体=「身体を整える」ことによって自然治癒力を高めていく治療方法ということになります。

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間に位置する椎間板(軟骨)の中心部の髄核が何らかの原因で外に突出て脊髄神経を圧迫することで、激しい痛みを発症する症状です。

私たちは毎日の生活で気付かないうちに猫背や腰を曲げた姿勢などのような不自然な姿勢をしてしまうことから、背骨や腰部に相当な負担をかけています。

つまり、椎間板ヘルニアは、悪い姿勢がげんいんで背骨のバランス崩れ、椎間板に異常な負荷かかかる状態となり、発症したとも考えられます。

では実際、整体はどのような治療行為を行っているのでしょうか。

整体といえば、「ボキボキ、バキバキ」骨を鳴らす(骨格矯正)というイメージが強いのですが、そのような治療方法ではありません。

「不自然な姿勢」が続くと、正常な動きをしている筋肉が機能不全に陥ってしまう事から、整体は、「不自然な姿勢」⇒「正常な姿勢」に矯正することを目的として施術を行います。

まず筋肉の異常疲労や過度の緊張を、マッサージなどによって取り除いていき、バランスを崩してしまった腰・背骨・骨盤などの歪みを矯正し、身体本来の機能(働き)を取り戻していきます。

整体治療は病院で治療とは違って薬の服用・注射なども行わない為、副作用の心配をする必要もありません。

腰・背骨・骨盤等の歪みをじっくりと矯正することで、椎間板ヘルニアの激しい痛みも解消されます。

また、身体全体のバランスも正常になるので、肩こり・頭痛・血行不良等々のような他の症状も自然と改善されていきます。
整体療法で身体の歪みを矯正することで、必ず自然治癒力も高まってくるということです。