腰椎椎間板ヘルニアで坐骨神経痛が起こるのはなぜか

腰椎椎間板ヘルニアで坐骨神経痛が起こるのはなぜか

腰椎椎間板ヘルニアなどで腰や足が激痛に襲われることがあり、坐骨神経痛が発症しているといわれます。
これは、何かの原因で突きだした椎間板が、坐骨神経を圧迫する為に起こっているとされています。

神経の本元は脊髄ですが、脊髄は第1腰椎と第2腰椎の間で終わり、それから下は馬尾神経となります。
これは、名前と通り馬の尾のように細い神経が束となっているもので、硬膜といわれる神経を入れる袋の中にあり、脊髄液に浮かんでいます。

馬尾神経が分かれて神経根となり、さらに、集まって大腿神経や坐骨神経となり体の各部位へと走行していきます。

坐骨神経は腰椎の下の方の神経が何本か集まってできて、大腿部から足の先までつながる太くて長い神経となります。

椎間板の後ろのあたりで、硬膜から出た馬尾神経は神経根となり、腰椎の椎弓根の下をくぐって椎体の後ろから側面、前面に出てきて、大腿神経や坐骨神経を構成します。

このように神経根は椎間板の後ろを通ることから、椎間板が後ろに突出た場合には坐骨神経を刺激し、痛みを生じます。これが、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛という事になります。