椎間板ヘルニアの有病率というのは決して低い物ではない

椎間板ヘルニアの有病率というのは決して低い物ではない

椎間板ヘルニアの有病率というのははっきりとしていない部分があります。しかしそれは逆に言うとそれだけ多くの人が罹患している可能性が高いということにもなり、多くの人の悩みにもなっているということになります。生涯で椎間板ヘルニアを経験しない人というのはそう多くないのが現実と言えるでしょう。椎間板ヘルニアまでいかなくても腰痛を抱えている人ということになると非常に多くの人が腰痛を抱えていることになると言えます。そのため椎間板ヘルニアにこれまでかかっていないからと言って全く無関係ということにはならないので注意が必要です。

椎間板ヘルニアというのはどのような職業についているか、どのような生活を送っているかによってもリスクが大きく変ってきます。またどのような予防策を持っているかによっても大きく変ってくると言えるでしょう。腰に負担のかかる職業であるからと言って椎間板ヘルニアのリスクが確実に高まるということでもなく、しっかりと予防をしている人は逆に低くなっていることすらあります。