椎間板ヘルニアの治療にカイロプラクティックス

椎間板ヘルニアの治療にカイロプラクティックス

椎間板ヘルニアの治療にカイロプラクティックスが有効な場合もあるとされています。
カイロプラクティックスは、薬などは使用しないで、手技と呼ばれる手による治療のみで施術を行う西洋医学の一つです。

脊柱の歪みが元で生じるとされる内臓の働きや運動機能の異常などの様々な症状を、その歪みを是正することで治癒させようとするものです。

WHOによって認可されており、欧米圏では科学的検証を根拠とした確固たる地位を確立していますが、日本では健康保険がつかえない民間治療(代替医療)の一つです。

日本での施術師は免許や資格を必要としていないので、きちんとした治療を行える術師かどうか自分で見極めることが必要且つとても重要になってきます。

椎間板ヘルニアの治療では、脊柱を整えることで椎間板にかかる圧力を分散させ、また、関節を正常な位置に戻すことで本来の動きに沿った運動性を取り戻していきます。

脊柱の歪みは姿勢の悪さが原因であることが多く、カイロプラクティックスの施術者は正しい姿勢がとれるよう生活習慣や動作などについてのアドバイスも行います。

まずは問診で状況を確認し、視診・触診で実際の骨格や体の状態を確かめます。実際の施術の前にマッサージで筋肉をよくほぐしておきます。

脊椎にわずかの「ひずみ」があっても椎間孔は変形し、ここを出入りする神経や血管は圧迫を受け、その支配下の組織や器官に異常がおこるといわれている。

脊椎の異常を手で衝撃し、その異常を整えていきます。
カイロプラクティックスでいうアジャストメントは、ゆがんだ箇所をゆらゆら揺らしながら正しい位置に調整していく方法のことで、ゆがんだ骨格をアジャストメントで調整していきます。

脊椎の異常によって狭められた脊椎骨の間の椎間孔を正常に回復させることで、神経の圧迫をなくして神経機能を回復して、器官の機能が正常化されていきます

骨格のゆがみが調節できたら、リハビリ指導などを行う場合もあります。
カイロプラクティックスのアジャストメントは一度でゆがみが完全になくなるというものではなく、何度か通う必要があります。