椎間板の変性

椎間板の変性

椎間板は脊椎の椎骨と椎骨の間にあって、クッションや可動域を広げる役目を果たしています。
椎間板は軟骨で、コラーゲンやカルシュウムが成分となっています。

まれに椎間板の変性がさほど進行していないのに、極めて強い力が腰椎に加わることで、突発的に椎間板の中心部にある髄核が飛び出して、ヘルニアをおこしてしまうことがありますが、多くは椎間板の変性からはじまる腰痛症です。

人間の脊椎には通常24個の椎間板が存在しますが、すべての椎間板が同じように変性していくわけではありません。
著しく変性する椎間板は、頚椎に3個、そして腰椎に2個あり、それ以外の腰椎はヘルニアを発症することはあまりありません。

頸椎は重い頭を支えていることや、首は常に動いていることなどが原因となり、また腰椎は上半身の体重を支えていて、下に行くほど大きな負荷がかかる事が原因となり、変性の進行が速くなっていくと考えられます。

水分を多き含んだ椎間板は、加齢に伴い水分が失われることから弾力性が失われていきます。
こうした椎間板の変性がはじまるのは他の部位よりも早く、20歳を過ぎる頃からはすでに老化がスタートしていきます。

しかし、すべての人が椎間板ヘルニアを発症するわけではなく、やはり腰への負荷がかかりやすい生活を送っていると発症しやすくなります。

腰椎における2か所(第4腰椎/L4、第5腰椎/L5)は腰椎のなかで最もよく動き、負荷の大きい部位であるため、そこに存在する椎間板がヘルニアをおこしやすくなるのです。
第4腰椎と第5腰椎は、腰椎の下部・仙骨のすぐ上にあり、腰から上体を前に屈めるだけでかなりの圧力が掛かります。

洗顔やキッチンでの作業などは、洗面台や流し台の高さが体に合わないと、微妙な角度で上体の前屈が強いられますので、腰椎椎間板ヘルニアの原因ともなってしまいます。

このような変性はあらゆる関節にみられるものですが、大きな重量がかかる箇所ほど変性のスピードは早くなります。

腰椎や頸椎はその典型であり、脊椎の屈曲が繰り返されることで、椎間板ヘルニアにつながる変性はどんどん進行していきます。

加齢による変性の進行を少しでも抑えるためには、椎間板に必要な軟骨成分コラーゲンやカルシュウムを多く含んだ食品を積極的に取り入れる事、また体重を増やさない事は椎間板にかかる負荷を増大させないためにも重要なことになります。

その他、腰椎に関係する筋肉や靭帯を鍛えて、腰椎にかかる負荷を抑える事も大切です。