腰椎椎間板ヘルニアでのコルセットやベルトの使用について

腰椎椎間板ヘルニアでのコルセットやベルトの使用について

腰椎椎間板ヘルニアの痛みを緩和するための補助アイテムとして、コルセットやベルトが使用されます。

腰痛ベルトもコルセットも、身体を支える筋肉や背骨の働きを助け、椎間板ヘルニアのために起こる坐骨神経痛や腰痛を制限するためのものです。
そして、理解しておかなければならない事は、治療するためのアイテムではないということです。

私達の身体には「自前のコルセット」といわれる腹筋・背筋が備わっており、身体のかなめである腰を支えています。

椎間板ヘルニアの場合には、この「自前のコルセット」が弱体化してしまっていて機能しない状態になっているので、コルセットや腰痛ベルトでその機能を人工的に補っているのです。

この腰痛ベルトやコルセットの装着によって、腹腔圧力が上昇し姿勢を安定させる効果があります。
これは身体の内側と外側の両方から「身体の軸」である背骨を補強し、後屈を制限できることから、腰全体にかかる負担が軽くなり、辛い症状が緩和されます。

また骨盤にも圧力がかかることになるので、仙腸関節が引きまり、仙骨のグラつきを抑え、腰椎の安定性に寄与します。

その他、腰痛ベルトやコルセットは、腰部をすっぽり包むために腰を「冷え」から防ぎますので、腰痛の改善に効果があります。

ベルトは骨盤ベルトや腰痛ベルトの名称で市販されていますが、かかりつけの整形外科でも販売しています。

1本のシンプルなものから2本のベルトで骨盤から股関節までしっかりホールドするタイプもありますので、通気性に優れていて自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

コルセットは整形外科などでオーダーして作ることもできます。採寸して自分の体型に合わせたものを作ってもらえます。
お値段は少々高いようですが、保険がつかえますので症状が酷い人は検討の価値はあるかもしれません。

しかし、前述のようにあくまでも緊急時の補助アイテムであり、巻き続けていると血行が阻害され、かえって筋肉の緊張や弱体化を生じてしまう事になります。

痛みがひどい時や重いものを持たなくてはならない時など、使用時を限定して使うようにしてください。