原因となる姿勢のチェック

原因となる姿勢のチェック

腰椎椎間板ヘルニアは、脊柱管狭窄症のように高齢者なるほど多くなる疾患とは違い、若年層の方にも発症します。
「若いから大丈夫」ではなく、いつなってもおかしくないのが椎間板ヘルニアなのです。

椎間板は椎骨と椎骨の間に存在し、緩衝材の役目を果たしています。
椎間板は、外側の繊維輪と中心部にあるゼリー状の骨髄でできているのですが、これが様々な要因により所定の場所から飛び出してしまい、脊柱管を圧迫します。

脊柱管の中には脊髄神経(腰椎部分になると馬尾神経)が走っているため、圧迫が神経にまで及ぶと、痛みや下肢のしびれをひき起こします。

椎間板が所定の場所から突出する原因は色々ありますが、やはり姿勢の悪さが一番の要因となっているようです。

現在、腰痛に悩まされていないとしても、姿勢の悪さを指摘される方は、その改善に努めるように心がける必要があります。

たとえ対処療法などで、一時的に痛みが緩和して快方に向かっているとしても、姿勢が悪いままであれば、椎間板ヘルニアの再発を繰り返してしまうことになります。

姿勢は悪い生活習慣として体に記憶されていますから、一時的に姿勢を矯正しても、すぐもとの慣れ親しんだ悪い姿勢に戻ってしまいます。
意識してこまめに自身の姿勢をセルフチェックすることも重要です。

姿勢改善に挑戦してみると、決して大変なことではないのですが、改善した姿勢が定着するには、それを意識して継続していかねばなりません。

【立った時の正しい姿勢】

立った時の正しい姿勢は、耳・肩・股関節・膝・踝(くるぶし)といったそれぞれの通過ポイントを結んだ線が、直線であることが一般的に良い姿勢といわれています。

壁を利用して姿勢の歪みをチェックする事が出来ます。
方法は、壁に密着して立った際に、後頭部、背中、お尻、そして踵(かかと)が壁にしっかり着いているかどうかをみればいいのです。
一日一回でもいいので継続していると、自然と腰に負担のかからない正しい立ち方を体が覚えてくれるようになります。

【椅子に座る際の正しい姿勢】

椅子に座る際の正しい姿勢は、座面に対して深く、背中が背もたれにつくように腰掛けて、お腹はこころもち引っ込めるような意識で背筋を伸ばして座ります。

足裏は完全に床面に密着させて座りますが、この状態で膝の高さが座面より少し高いぐらいが、ベストな椅子の高さとなります。
調整の為には足台を使うと良いでしょう。

長時間デスクワークをする方は、できる限り椅子から立ち上がって腰を伸ばすようにしてください。

【クルマを運転するときの姿勢】

クルマでのシートの座り方も、基本は普通の椅子の座り方と同じです。
シートには深く腰掛けて、膝の高さが股関節より高い位置にくるように、また背もたれと座面の角度は90度近くになるようにシートをセットすると良いですね。