腰部脊柱管狭窄症の手術方法MELの特徴

腰部脊柱管狭窄症の手術方法MELの特徴

腰部脊柱管狭窄症の手術方法には、従来からの方法として「椎弓切除術」、「脊椎固定術」があります。

最近では、患者の負担を少なくする為に、MEL(Micro Endoscopic Laminoplasty 内視鏡下椎弓切除術)が行われることが多くなっています。

MELとは腰部脊柱管狭窄症に対し、MED(Micro Endoscopic Discectomy、の略で、椎間板ヘルニアの手術で行われる内視鏡下椎間板摘出術)に準じた内視鏡を使用し、狭くなった脊柱管を広げる手術方法です。
特に、神経根型(外側狭窄型)の狭窄症の場合に行われる方法です。

内視鏡下では切除した範囲や十分に除圧されているかを確認しにくいデメリットがありますが、最近では手術の際にデメリットを補い、正確に確実に手術が行えるようにNavigation Systemを併用して行う病院が増えています。

「背骨の手術を受けると車いす生活になる」というような風評がありますが、手術の技術が進化しており、近年では手術後に車いすの生活になるといった事はまずありません。

【MELのメリット】

侵襲が少ないということが最大の利点です。
・傷痕が目立たない
・術後の痛みが軽い
・回復が早い
・感染の危険性が小さい
・呼吸器系の合併症も少ない
という事になります。

手術時に背骨に付いている筋肉を剥がすことになるのですが、MED法ではそれが最少で済みます。
そのために手術後の痛みは軽く、退院も早く、早期の日常生活や仕事への復帰可能となります。

退院が早いという事は、手術費用も安くて済むという事になります。

【MELのデメリット】

狭窄が広範囲に起こっていて削る部分が多い場合や、背骨の歪みがひどく金具で固定する必要がある場合などは適用外となり、基本的には、治療する場所が1~2ヶ所で済む場合に限られます。

椎間板ヘルニアのMEDと異なる点は、椎弓を切除しますので、MEDに比べると出血量はやや多く、手術時間もやや長くなります。
しかし、このことは他の従来の手術法と比較した場合には、デメリットとはいえないでしょう。