MRI検査でも診断が困難な椎間板ヘルニア

MRI検査でも診断が困難な椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアはレントゲンでは映らないので、正確な診断をするにはMRI検査を行う必要があります。

しかし、外側ヘルニア、または超外側型ヘルニアとよばれている腰椎ヘルニアは、このMRI検査でも簡単に診断できず、見逃すことがある椎間板ヘルニアの種類です。

これらのタイプのヘルニアは、背骨を横から見るMRIの画像では異常は発見されません。
また、背骨を輪切りにして撮影するMRI画像においても、脊椎の専門家でようやく診断できるレベルで、一般の整形外科医では注意して診断しないと見逃してしまうような映り方しかしません。

通常ヘルニアは後外側に突出し脊柱管内で神経を圧迫するのですが、さらに外側の脊柱管外で突出することもあり、この場合の状態を外側ヘルニアといいます。

外側ヘルニアでは通常のヘルニアより1つ上位(神経が椎間孔の外へ出たところ)の神経根が障害され、疼痛が通常のヘルニアより強いことが多いのが特徴です。
椎間板が外側を圧迫するため、体は痛みと反対側に傾き、体を痛む側の反対側に傾けると痛みが和らぎます。

このヘルニアの発生頻度は全腰椎椎間板ヘルニアの7~8%以下と比較的稀ですが、症状としては坐骨神経に沿って激痛があり、治りにくい坐骨神経痛を発症します。

またヘルニアが元の椎間板との連続性を失い、脊柱管内に移動したものをSequestration type(遊離型ヘルニア)といい、このヘルニアも通常と異なる神経根障害を起こすので、診断上の注意が必要となります。