筋力トレーニングの効果

筋力トレーニングの効果

椎間板ヘルニアの治療は通常は保存療法で行います。
保存療法とは、安静にしていることが治療の基本であり、痛みが軽減されるまでは薬の服用などを行います。

痛みがおさまってきたら、筋トレなどのリハビリ療法が行われますが、これは専門家の指導通りに行う事が重要で、リハビリでかえって悪化する事の無いようにしなければなりません。

筋肉を鍛える事で、背骨を支える力が増強されますので、椎間板ヘルニアの症状が長引いたり、再発したりする可能性を減らすことができるのです。

椎間板ヘルニアに最も効果があるといわれているのが、腹筋と背筋、そして、大腿四頭筋の強化です。

しかし、前述のように筋トレは間違ったやり方をしてしまうと、返って体のバランスを崩してしまうこともあります。
筋力はあればあるほどいいというような考え方は間違いで、実はバランスが重要なのです。

腹筋と背筋はバランスよく鍛えてはじめてお互いの働きが有効になると云えます。
また、大腿四頭筋をきちんと鍛えることも、椎間板ヘルニア患者さんには重要なことなのです。

大腿四頭筋は足の筋肉ですが、腰を支えている重要な筋肉です。
家で例えるならば、基礎にあたる筋肉で、体の上部をしっかりと支えるためにはとても重要な筋肉なのです。
大腿四頭筋に力が無くなると、上体を支えることが出来なくなり、その負担を腰で支えることになってしまいます。

高齢者の椎間板ヘルニアは、このような筋力の衰えなどによることが多いのですが、若い方でも運動不足などで筋力が弱っていると、同じようなことが起こり、低年齢でも椎間板ヘルニアを発症してしまうことはよくあります。

体全体のバランスがとれるように筋力を適切につけていくことが重要ですが、大腿四頭筋をしっかりと鍛えておくことで腰椎が安定し、椎間板ヘルニアの改善、再発防止に役立つことになります。

また、筋トレの前に柔軟体操やストレッチをゆっくりしたペースでして充分におきましょう。
この柔軟体操を怠ってしまうと、筋トレ中に怪我をする事もあり、また椎間板ヘルニアを再発してしまう可能性もありますので、柔軟をしっかりと行うことが大事になってきます。

筋トレは無理にハードに行なう事は良くありません。
ゆっくりと多少の余裕を残しながら、飽きて止めてしまう事が無いように、継続させることが大事です。