椎間板ヘルニアの対処

椎間板ヘルニアの対処

椎間板ヘルニアは突然に激痛に襲われることが多く、一体何が起こったのだろうかと頭がパニックになってしまう事があります。

しかし、ここで冷静になって対処しなければなりません。
医師の診断を仰いで自分の身体に起こった何かを確認する事は勿論のことなのですが、その前に痛みに対する対処をしなければなりません。
その対処法によって、復帰までの道のりが決まる事もあるのです。

急激な激痛に見舞われた場合の対処法はまずは絶対安静です。
そして患部をアイシング(冷やす)して、必要に応じて患部固定しましょう。
少し痛みが和らいできたところで、医師の診断を仰ぎましょう。

【絶対安静】

椎間板ヘルニアの症状が出た場合、あまりの痛さにとにかく病院へ行こうとしますが、その前に、にかく可能な限り、「最も楽だと感じる姿勢」で安静にする事が重要なのです。

椎間板ヘルニアの痛みの原因は神経圧迫なのですが、急性期の腰痛は炎症が原因となっており、とりあえずはこの炎症を抑えることが大切なのです。

炎症を起こしている筋肉をしっかり休める事で、筋肉は徐々にその機能を取り戻してきますので、僅かながらでも痛みは軽減され、またある程度なら身体を動かすことも可能となります。

【アイシング】

急性期の痛みの緩和には「冷やす」ことが有効です。
炎症を起こしている患部は熱を持ちますので、初期に限っては患部をしっかり冷やし、炎症を抑える事が必要なのです。

ただし、患部を「直接」冷やしてはいけません。
アイスノン等を使う場合は患部の上にタオル等をあてて、その上から間接的に冷やすようにし、低温火傷に気をつけて下さい。

また、慢性期のアイシングはあくまでも急性期の痛みに対して行うもので、慢性期に冷やすと筋肉の収縮を引き起こすので行わないようにして下さい。

【患部固定】

安静にしていると、しばらくすると腰の筋肉も戻っていますので、身体が少しだけ自由に動かせるようになります。

しかし、この状況は「治った」わけではありません。
最もひどい症状からは脱したものの、腰の状態は未だ「悪い」事に変わりはないのです。ここで体を動かすと再び痛みが戻ってくる可能性がとても高いのです。

ある程度動けるようになったら、「コルセット」等で患部を固定し、筋肉機能の補助を行うようにしましょう。
コルセットが弱っている筋肉の代わりとなってくれますので、筋肉や骨格にかかる負荷が軽減されます。

ただし、コルセットはあくまで補助具です。動く時だけ着用するようにしましょう。
日常的に使っていると筋肉が徐々に弱ってきて、逆効果です。

【専門家の診察】

ある程度身体が動くようになり、コルセット固定で歩く事もできるようになったら、専門家の診察を受けるようにしてください。

椎間板ヘルニアはMRI検査ではっきりと判断できます。
痛みの原因さえわかれば後は対処をすれば良いだけです。

保存治療で対処されることが殆どで、医師の指導に従って下さい。