バランスよく筋肉を鍛える事が重要

バランスよく筋肉を鍛える事が重要

椎間板ヘルニアは、椎間板の変性が大きな原因ですが、見逃すことができないのが「筋肉の衰え」「筋肉の機能不全」「筋肉の疲労」など、筋肉が原因となっていることが多いのです。

人間の身体にはおおよそ400もの筋肉が至る所に張り巡らされており、 骨格を支える、関節運動を支える、内臓等の臓器を守る、などの働きをしています。

せっかく、我々には400個もの筋肉が与えられているのですから、全身の筋肉をバランス良く使って、負荷を分散させればいいのです。

ある一つの筋肉を鍛えても、他の筋肉に力が無ければ、鍛えた筋肉の力はうまく伝達されません。そればかりか他の筋肉にとっては単に「負担」になるだけなのです。

さて、筋肉を鍛えるというと思い浮かぶのが「筋肉トレーニング」、つまり「筋トレ」です。筋トレは、しんどいし疲れるというイメージがあるかもわかりませんが、もし、しんどくて疲れるのであれば、それは間違ったトレーニングを無駄にしているだけかもわかりません。
大切なのは筋肉を上手に使う事で、痛めつける事ではありません。

我々が筋肉トレーニングといって思いつくのが「腹筋」「背筋」「上腕二頭筋」「大腿四頭筋」などで、これらの筋肉は鍛える事によって見た目が随分と変わってくる筋肉です。

しかし、これらの筋肉を本当に活用しようというのであれば、その周辺にある小さな筋群をしっかりと「使う」ことが大切なのです。

筋肉は常に複数の筋肉の連携することではじめて大きなエネルギーを生み出すことができます。
1つだけの筋肉が突出していると、周囲の他の筋群が足を引っ張り、立派に鍛え上げた筋肉でも役に立たなくなるのです。

大切なのは全体のバランスであり、バランスよく使いバランスよく鍛える事です。
トレーニングをしている時に、「今はこの筋肉を使っている」と頭で理解できるようになると良いですね。