運動療法

運動療法

腰椎椎間板ヘルニアの治療では、急性期の痛みがある時は安静が基本になります。
また、強い痛みが持続している場合、医師は鎮痛剤の服用やコルセットの装着を指示します。

また慢性期でも、痛みが強い場合には安静を維持する必要がありますが、痛みが緩和されてきたなら、少しずつ運動療法を始めて筋肉を鍛えていきます。

運動療法で主なものは、ウォーキングやストレッチ、筋力トレーニングや水中でのウォーキングなどあります。

ウォーキングは基本です。
痛みを恐れて歩き方がぎこちになくなるかもわかりませんので、初めは歩行器を使用したり、手摺につかまったりと補助具を用い、徐々に慣らしていくようにしましょう。

ほぼ自然に歩くことができるようになったら、正しい姿勢で歩くことを心がけましょう。
理学療法士さんのアドバイスも参考にして、平均的な歩幅、正しい脚への体重の乗せ方を身につけて、しっかりと地面を蹴って歩くことができることを目標として下さい。

柔軟性の改善、血液循環の改善、筋痛の緩和などを目的としてストレッチを行います。
インナーマッスルである腹横筋と多裂筋は脊柱を安定させるために重要な筋肉です。
腰椎椎間板ヘルニアでは、この筋をうまく収縮することができるようになれば、腰にかかる負担が軽減できます。

ストレッチでは、太ももやアキレス腱などの脚の部分のストレッチも重要です。
腰椎椎間板ヘルニアの術後では、坐骨神経の障害による麻痺が下肢に残っている事があるので、ストレッチによって脚を慣らし柔軟性の回復を図ることが重要です。

腰椎椎間板ヘルニアの再発や予防の為にも普段からストレッチを習慣化させることが大切です。

腰周りの筋肉を強化する事も重要で、筋肉トレーニングを行います。
腰周辺の筋力アップができれば、筋肉がコルセットの役割を果たし、背骨を正常な状態でサポート出来るようになります。

また、ストレッチと同様、腰回りの強化とともに脚(特にハムストリング周辺)を強化していく事で、上体を支える力ができ、腰にかかる負担の軽減となります。
そうすることで自然と腰椎椎間板ヘルニアの痛みは和らいできます。

運動療法は無理をして行ってはいけません。
専門家の指導の下、正しい方法で行い、もし痛みや違和感を感じるようであれば、指導者に申し出て休止することも必要です。