椎間眼ヘルニアと「腰椎牽引療法」

椎間眼ヘルニアと「腰椎牽引療法」

椎間眼ヘルニアを治療する場合に、多くの場合で保存療法が行われます。
その一つに「腰椎牽引療法」が広く行われています。

椎間眼ヘルニアとは、椎間板の中心部にある髄核という柔らかい組織が、本来おさまっている部位から飛び出して、脊髄神経の枝(神経根)を圧迫することで痛みを発生する疾患です。

腰痛牽引療法は、「腰の牽引(腰を引っ張る)と休止(牽引を緩める)」作用を繰り返すことで、腰部の痛みや痺れを緩和する治療法です。

椎間板内の圧力を軽減させ、一時的にせよ神経根の圧迫をゆるめる目的があります。
この間、血流が改善し刺激が減ることにより、腰部の筋肉や靭帯の緊張状態がほぐれ少しずつ痛んだ神経の修復も期待できるものです。

ただ、余計に悪化する方もいるのも事実で、そうした牽引療法に疑問がもたれていることも確かです。

椎間板ヘルニアの患者さんの中には、「長期間、牽引療法をしているがまったく痛みが治まらない・症状が悪化した」といった声が聞かれることがあります。

牽引をする場合は、体重の半分の負荷を目安として(体重が60kgなら、負荷は30kg)、10分程度行うのが正しい方法ですが、良かれと思って負荷を上げたり時間を伸ばしたりすれば、かえって腰部に異常な緊張をもたらし椎間板ヘルニアの症状悪化を招くことになります。

牽引療法で効果が無い・症状が悪化したという理由には、牽引の使用法が間違っている場合もあり得るかもわかりません。
そうでなくて、効果があらわれない場合には、医師と相談して中止する事も止むなしといえます。

いずれにしても牽引療法で椎間板ヘルニアが完治することはありません。
あくまでも症状の改善が目的です。

椎間板ヘルニアは、基本的には時間をかければ治る病気といわれています。
ただ、長くなれば1~2年かかることもあるので、各種治療法を併用して改善の促進を図るのです。

正しい姿勢への改善、また腰椎に関わる腰部周辺の筋肉を鍛えて、椎間板や靭帯にかかる負荷を極力軽減することが、椎間板治療で最も重要なことです。