椎間板ヘルニアの再発予防策

椎間板ヘルニアの再発予防策

腰椎の椎間板ヘルニアになった場合、急性期の痛みがある時には安静を心がけ、コルセットをしたり鎮痛剤の服用などで痛みを抑えるようにします。

痛みが軽減した後は、再発防止のためにも腹筋・背筋を鍛え、筋肉が自前のコルセットの役割を果たすようにしていきます。

しかしこの時、腹筋・背筋のどちらかを鍛え過ぎて不均衡になると、そちらに背骨が引っ張られ余計な負荷がかかってしまいますので、両方の筋肉を均等に鍛えることが重要となります。

そして、無理の無い範囲で継続して鍛えていく事が必要で、痛みを感じたらすぐに中止して様子をみてください。

また、真っすぐな腹筋運動にひねりを加えることで、いわゆるインナーマッスルである腹横筋も鍛える事ができます。
腹横筋を鍛える事で、肋骨を締め腹圧を下げますので腰椎にかかる負荷を減らすことができます。

このように腰椎周辺の筋肉を鍛えることは、腰椎にかかる負荷を軽減することになりとても重要なのですが、筋肉は体全体で繋がっていますので、全身の筋肉をバランスよく使うことも心がけなければなりません。

そのためには手軽にできるウォーキングが最適です。
靴は自分の足に合った少し良い靴を履いて下さい。

そしてただ歩くだけではなく、正しい姿勢で歩くことを心がけるようにしましょう。
水の中を歩くアクアウォーキングも、全身運動としてお勧めです。
水中運動は浮力によって腰にかかる負荷は減るのですが、水の抵抗によって全身の筋肉が鍛えられるため、理想的な体操といえます。