椎間板ヘルニアの治療の考え方

椎間板ヘルニアの治療の考え方

椎間板ヘルニアであることが確定した場合、どこで治療すればよいのかは悩むところと思います。

レントゲンやMRIなどの必要性から最初は整形外科を受診しますが、その後は民間療法を含み、患者さんにあった機関で治療していくと思います。
もちろん外科手術が必要な重篤な症状の場合は整形外科で治療を続けることになります。

慢性的な痛みに対してはこれといった特効薬はなく、極力腰部をいたわり大きな負荷がかからないように注意して生活をする事が一番だと思います。

回復のスピードが遅く症状がなかなか好転しない場合には、医師に対し不満を感じることがあるかもしれません。
もし現在利用している治療機関が自分に合わないと感じたら、変えてみるのも一つの方法で、セカンドオピニオンをとるのも良いと思われます。

ただし、自分が欲しい答えが得られるまで治療機関を変え続けるアンサーショッピング(ドクターショッピング)にならないように注意しなければなりません。

信頼感が持てない治療機関を利用し続けるのは精神的に悪く、治癒が遅れる要因ともなります。

医師との間に信頼関係が存在し、リラックスして治療が受けられるというのは、実は非常に大事なことなのです。

方法として、まずは整形外科で診断を確定させ、ペインクリニックで痛みを緩和するブロック注射を受けた後、接骨院のマッサージに通うという事も出来ますし、最初から最後まで整形外科に通うのも良いでしょう。

椎間板ヘルニアの場合、時間はかかりますが自然治癒することが多い疾患です。
あまり焦らずに、「そのうちよくなる」というぐらいのスタンスでじっくりと治療していく事をお勧めします。