ヘルニアの出る場所によって痛み方が違う

ヘルニアの出る場所によって痛み方が違う

椎間板ヘルニアは坐骨神経痛の原因となる疾患ですが、ヘルニアがあらわれる部位によって痛みが生じる場所や程度は異なります。

従来は痺れや痛みの状態によって、ヘルニアの場所を特定していましたが、近年はMRIなどの画像診断の急速な普及によって椎間板ヘルニアの場所がはっきりと把握できるようなりました。

【ヘルニアの場所による痛み方】

・第1腰椎・第2腰椎間のヘルニア・・・腰の上あたりに痛みが出ます。

・第2腰椎・第3腰椎間のヘルニア・・・飛び出した椎間板が大腿神経を刺激・圧迫して足の付け根や大腿部の前面から膝にかけて、だるさや痛み、痺れが生じます。
ここにあらわれるしびれや痛みは、坐骨神経痛とはされません。

・第3腰椎・第4腰椎間のヘルニア・・・飛び出した椎間板は大腿部の側面を通る神経を圧迫しますので、太ももの側面に痛みが生じて、脚が広範囲にしびれるようになります。
腰ではなく下肢が中心に痛い場合は、下肢の病気と勘違いすることがあり、坐骨神経痛と認識しがたい場合があります。

・第3腰椎・第4腰椎間のヘルニア・・・骨は下にあるほど重力がかかりますから傷みやすく、腰痛の原因の中で圧倒的に多いのがこの部分です。
その上、腰を曲げる時に使う部位になるため、圧力がかかりやすく傷みやすいのです。
おしりから太ももの横、膝の下や、すねの痛みや痺れが出現します。
また、親指に力が入らなかったり、足首があげられなくなります。
一般的にこの症状を、坐骨神経痛と呼びます。

・第5腰椎・仙骨間のヘルニア・・・おしりの真ん中、太ももの裏、ふくらはぎ、かかとから足の裏、足の小指までで痺れや痛みが出現します。
アキレス腱の反射が弱くなり、つま先歩きができなくなります。

ただし、腰椎椎間板ヘルニアであっても、足に症状が出ない方もいます。
また進行によって症状が悪化しますので、注意しなければなりません。

しびれや痛みは両足に均等にあらわれるのではなく、片方に集中することもあり、痛みの程度も異なります。

椎間板ヘルニアだけが坐骨神経痛の原因ではありませんので、安易に考えるのは危険で、
椎間板ヘルニアの治療をしても坐骨神経痛の症状に変化が見られない場合は、神経内科や婦人科を訪れる必要があるでしょう。