椎間板の再生はあるのか

椎間板の再生はあるのか

椎間板は、脊椎を構成していると椎骨と椎骨の間にあり、クッションの役割を果たしている軟骨の一種です。
その椎間板が変性し、椎間板そのものや、椎間板の中心部であるゼリー状の髄核が飛び出して神経に障害を与えて起こる腰痛症です。

椎間板ヘルニアの痛みを取り除くには、急性期では消炎鎮痛薬が用いられますが、根治的な治療としては、神経への圧迫を取り除く必要があります。
ただし神経への圧迫を取り除く為に、外科的治療のみに頼る必要はないのです。

現在、軟骨には再生能力があることが分かってきています。
椎間板は軟骨ではありませんが、組織の外側は軟骨とほぼ同じものです。
変性して飛び出した椎間板が再び安定した状態に戻り、神経を圧迫しなくなるということは決して珍しいことではないのです。

椎間板は中央部にある髄核と呼ばれるボール状の部分、そして髄核を包む線維輪、そして椎間板の上下にある軟膏性の終板の3つの組織から成っています。

中央にある髄核は水分が多く弾力性に富む組織ですが、加齢とともに変性が見られるようになり、弾力性が失われていきます。

また椎間板に栄養を運んでいる血管は30歳ぐらいまでには消失してしまうようで、椎間板への栄養供給と老廃物代謝はリンパ液と細胞外液の循環に頼らざるを得なくなります。

働き盛りの年代に、ヘルニアが多くみられるのは、椎間板を取り巻く環境の変化が、他の組織よりも意外と早くやってくることにも原因があるといえます。

擦り減った軟骨が再生能力を発揮するには、関節の位置や角度を正常に戻すことが欠かせない条件になるそうで、椎間板と腰椎の関係で考えると、背骨を正常な位置に戻すということになります。

姿勢を正しくし腰への負担を減らすことによって脊椎を正常な位置へと安定させることが可能となります。
これはカイロプラティック治療では一般的な考え方で、腰痛改善の基本となります。

腰痛や関節痛でも、人間の自然治癒力が発揮されるという事であれば、より希望を持って治療と向き合えるのではないでしょうか。