腰椎椎間板ヘルニアの禁忌

腰椎椎間板ヘルニアの禁忌

腰椎椎間板ヘルニアの治療法として選択してはならないもの、治療をする上で禁止されるものがあります。

例えばカイロプラクティックでの治療の目的は、ヘルニアを発症している椎間板自体にかかっている負荷を減らすことですが、患部の直接に働きかけての矯正は厚生労働省が直接訴えかけている禁忌事項です。

病院での手術以外で患部を操作することは、整形外科での保存療法、鍼灸院での灸など、ほとんどの療法で行ってはいけない事になっています。

一般の肩こり腰痛対策として知られているストレッチやマッサージを行うことも避けた方が良いです。
自己判断や他人からの助言などで、色々なことを勝手に試すことは大変危険です。
必ず主治医の指示に従い自己判断でストレッチやマッサージを行うことがないようにしてください。

しかし、椎間板ヘルニアは激痛を伴うため、辛い症状から解放されたい為にマッサージなどを利用してしまう患者さんは非常に多いのです。

椎間板ヘルニアは、見た目や触診では判断ができるものではありません。
施術者に対して患者さん自身が申告しないかぎり、施術者は気がつかずにヘルニアには禁忌とされているマッサージを行ってしまうこともあります。

カイロプラクティックのような手法で背骨をポキポキいわせるような施術を行ってしまっては椎間板に致命的なダメージを与えてしまいかねません。

ヘルニアの患部以外をマッサージすることは問題ありませんが、患部に直接圧力を加えてマッサージをするようなことは絶対に避けなくてはなりません。

椎間板ヘルニアを疑った場合には、まずは病院の整形外科でMRI検査などで診断を確定してもらう必要があります。

その後の治療は患者さんにあった方法で行えばいいのですが、民間療法で行う場合には、必ず椎間板ヘルニアであるという事を施術者に申告しなければなりません。

また、ストレッチやマッサージを取り入れたいという場合には、まずは主治医に相談をすること、決して自己判断で症状を悪化させてしまうことがないようにしていただきたいと思います。