腰椎椎間板ヘルニアの発症原因

腰椎椎間板ヘルニアの発症原因

椎間板の中心部「髄核」をつつんでいる外側の「繊維輪」に何らかの原因で裂け目ができて、そこから髄核がはみ出してしまった状態を椎間板ヘルニアといいます。

原因の多くは椎間板の老化や運動による衝撃などで、ヘルニアが神経を刺激して強い炎症が起こると、腰部や下肢に激しい痛みやしびれが起こってきます。

椎間板は首から腰までの椎骨間に存在していますので、椎間板ヘルニアは首から腰までのどの場所にも発生する可能性があります。
しかし、ほとんどは第4と第5腰椎のあたりで発症します。

腰椎あたりの椎間板には上半身からの圧力が常時かかっていますし、身体のなかでも老化が早く訪れる部位で、椎間板は20代から老化が始まるといわれています。

そのため、ヘルニアは比較的若い人に起こりやすく、30代をピークに発生します。
また、若者が椎間板の内圧を高く保っていることも若者に多く発症する要因となります。

高齢になると、椎間板内の内圧が低くなり髄核が飛び出してしまうほどの圧力が無くなります。
その為、高齢者の椎間板ヘルニアは、髄核が飛び出すものより、椎間板の傷みや消耗から繊維輪が盛り上がってくるか、繊維輪や軟骨板のかけらごと飛び出してくるケースになります。

椎間板ヘルニアのきっかけとなることは、

・デスクワーク、車の運転などの長時間の着席
・家事(料理・掃除)などでの前傾姿勢
・段差のある場所での下りの動作
・重い荷物の持ち上げ・持ち運び・バランスの悪い姿勢での物の受け渡し
・急激な捻り運動・くしゃみ

などで、特定部位の筋肉や関節に継続的あるいは突発的な負荷がかかることで椎間板の内圧が急激に高まって髄核が飛び出してしまうこともあります。

椎間板は縦方向の力には強いですが、曲げたり、ねじったりなど、横方向には比較的弱い性質をもっています。

椎間板ヘルニアは、白血球の一つマクロファージ(大食細胞)によって自然治癒するといわれており、治療は保存療法で行われます。

これで軽快せず、さらに症状が強ければブロック注射が行われますが、これらの保存的治療でも症状が改善されない場合は、椎間板内の減圧や髄核を摘出するなどの手術療法を行ないます。