スポーツ障害としても起こる椎間板ヘルニア

スポーツ障害としても起こる椎間板ヘルニア

背骨は身体を支えるためには必要不可欠な骨であり、椎骨という小さな骨が連なったアーチ状の構造(生理湾曲)を持っています。

この椎骨間にあってクッションの役割を果たしている椎間板が外側に飛び出す病気を椎間板ヘルニアといい、スポーツ障害の一つとして発生することがあります。

椎骨間にある椎間板は丈夫な靭帯で強固に繋がっているため、めったなことではヘルニアを発症しないようになっています。
しかし、老化などで骨や筋肉が弱くなると上半身の負荷に耐え切れず潰されて、椎間板が背中側にはみ出してしま事があるのです。

スポーツ障害としての椎間板ヘルニアは、テニスやゴルフなどの強い腰の捻りを頻繁に行うスポーツで起こりやすくなっています。

椎間板ヘルニアを発症すると、腰や足に強い痛みや痺れを感じるようになります。
これは、飛び出した椎間板が背中を通る神経を圧迫することで起こる坐骨神経痛なのです。

この神経の圧迫が椎間板ヘルニアの症状の大きな原因で、運動能力が低下し、痛みの為に立っている事、椅子に座っている事、歩くことなどが困難になるほどの症状が現れるようになります。
また、症状が重度になると排泄障害などを引き起こす恐れがあり、全てのスポーツに支障をきたすことは勿論、日常生活が困難になります。

スポーツ障害としての椎間板ヘルニアは、腰の捻りが大きな発症原因となっています。
予防の為には、腰の動きに関係している腹筋と背筋を鍛えることが重要になりますが、正面だけでなく側面の腹筋も鍛えるように心がけることが重要です。

これは、筋肉を鍛えて腰椎にかかる負荷を減らすためで、椎間板ヘルニアを発症した後のリハビリとしても重要な事になります。

椎間板ヘルニアは、症状が重い場合は外科手術などで治療する必要がありますが、殆どは3~6カ月の間で自然治癒する事が多く、保存療法が主体となります。

痛みがひどい急性期は安静を保つことが重要で、この時の対処の仕方で治療の期間が長くなることも多いので、先ずは安静を心がけ、自然治癒を促すようにしなければなりません。