椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの特徴的な症状は坐骨神経痛ですが、ヘルニアの程度や突出た部位によって痛みの程度も異なります。

近年ではMRIなどの画像診断によって椎間板ヘルニアの場所や程度がはっきりと把握できるようなり、坐骨神経痛との関係性も具体的にわかるようになりました。

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎の中でも最も大きな負荷がかかる、第4腰椎と第5腰椎の間、第5腰椎と仙骨の間に多く発症します。

この間を通る神経根は、下肢へと延びる座骨神経につながっているため、下肢に痛みや痺れが生じ、これがいわゆる座骨神経痛で、痛みやしびれは片側のみにあらわれる事が多いようです。

腰椎椎間板ヘルニアの特徴として、前屈みの姿勢になると椎間板の内圧が高くなり、ヘルニアが後方の神経根を圧迫刺激し痛みやしびれが生じます。

しかし、人によっては神経に触れても痛みを生じない事もあるようで、気づかないうちに進行してしまい、運動障害、下肢の筋力低下を招くことになります。

ヘルニアが神経の束である馬尾神経を刺激する事があります。
馬尾神経には、排尿・排便を司る神経が含まれており、それらの神経が障害を受けると、便意をもようさない、尿が漏れるなどの排尿障害や排便障害を引き起こすこともあります。

ヘルニアは自然吸収されて症状があらわれなくなることも多いのですが、排泄障害や歩行困難などの神経症状が出た場合には重症化していると考えられますので、早急に医師の診断を受ける必要があります。