椎間板の変性

椎間板の変性

腰椎椎間板ヘルニアは、主に椎間板の変性が原因となる腰痛症ですが、まれに椎間板の変性に関係なく、きわめて強い力が腰椎に加わった場合に、椎間板の中心部の髄核が飛び出してヘルニア状態になることがあります。

通常脊椎の椎間板は24個ですが、これらが全て同じように変性していくわけではなく、このなかで著しく変性する椎間板は、頚椎に3つ、そして腰椎に2つ(第4腰椎/L4、第5腰椎/L5)あり、それ以外の腰椎はヘルニアを発症することはまずありません。

椎間板は水分の多い弾力性のある軟骨に似た結合組織ですが、加齢によって水分が減少し弾力性の失われていき、静かに変性がはじまります。

腰椎部には常に上半身の重さが負荷としてかかっているため、腰椎部の椎間板が変性し始めるのは意外に早く、20歳を過ぎるころにはすでに老化がスタートしています。
加齢による椎間板の変性は全ての人に容赦なく訪れるものなのです。

しかし、だからと云ってすべての人に椎間板ヘルニアが発症するわけではなく、激痛を伴うような椎間板ヘルニアが起こるのは、やはり腰への負荷がかかる生活を送っている人が多く発症するようになります。

日常生活においては、例えば台所での作業にしても掃除にしても、腰から上体を前に屈めることになり、第4腰椎と第5腰椎には、かなりの圧力が掛かります
腰椎椎間板ヘルニア原因が、知らないうちに積み重なっていると云えます。

変性はあらゆる関節にみられるものですが、大きな重量がかかる箇所ほど変性のスピードは早くなります。腰椎や頸椎はその典型であり、頸椎・脊椎の屈曲が繰り返されることで、椎間板ヘルニアにつながる変性はどんどん進行していきます。

腰椎対策には体重を減らすことも重要であるといわれるのは、負荷を軽減することで椎間板の変性を遅らせることができるからなのです。