腰の痛みと椎間板ヘルニア

腰の痛みと椎間板ヘルニア

ヘルニアとは、体内の臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態を指し、椎間板ヘルニアは、椎間板が逸脱した症状です。

椎間板とは背骨の椎骨の間に存在し、背骨が円滑に動くための働きや、衝撃を吸収するクッションの役目を果たしている組織です。

アンパンのような構造をしていて、あんこの部分が髄核という水分を多く含んだゼリー状のもので、外側のパンの部分を繊維輪といい軟骨に似た成分で出来ています。

この椎間板が老化や繰り返しかかる負荷によって水分不足になると弾力性が低下し、潰れたようになり、中心部の髄核が外に逸脱し、椎骨後方にある神経根を圧迫し、下肢の痺れや痛み(坐骨神経痛)、強い腰の痛みを引き起こします。
これが椎間板ヘルニアで、幅広い年代で発症します。

椎間板ヘルニアの症状はさまざまですが、軽微な場合の初期症状としては、同じ姿勢を取るのが辛い、運動能力の低下、感覚が鈍るといったことなどがあります。

多くの場合、突然の腰痛と、お尻の片側から足にかけて痛みやしびれ(坐骨神経痛)を自覚し、歩行障害が起こります。

立ち続ける事も、座っていることも困難になり、椅子から立ち上がるのも痛くてつらい状態となります。
また、足を触ってもあまり感覚がないばあいもあります。

数日間の安静で徐々に改善し動けるようになっても、お尻から足にかけての痛みやしびれが残り、思うように歩けないことも多々あります。
神経への影響が強いと排尿困難になる場合もあります。

このような自覚症状が現れたら病院での診断が必要となりますが、痛みが激しい急性期は動く事も辛い事がありますので、その場合には安静にして痛みが少し治まってきたら病院へ行くようにして下さい。

特に立ち仕事、座り仕事など同じ姿勢を取り続ける職種の方、トラックやタクシーの運転手などの方は注意が必要です。