腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎は脊柱の下部5個の椎骨のことで、上半身の負荷を最も多く受ける部位です。
同時に前後左右へと動かすことが多く可動域も大きいため、腰椎骨間の椎間板の障害を起こしやすい部位です。

腰椎椎間板ヘルニアは椎間板の外側の部分である繊維輪に亀裂が入って、中心部の髄核が脱出して神経を圧迫した状態です。
椎間板が変性して繊維輪そのものが神経を圧迫する事もあります。

症状は、臀部から足にかけての猛烈な激痛と、左右どちらか片側に下肢痛やしびれを生じます。所謂、坐骨神経痛の症状を呈します。

せきやくしゃみをしても激痛が走ります。
また、ヘルニアが巨大な場合には両側に症状が出ることもあります。

腰部の椎間板は前述のように、負荷も可動性も大きい腰椎骨間にあるため、変性も他の部位より早く、20歳を過ぎる頃から始まるといわれていて、好発年齢は20〜40代で比較的若い人に多い病気です。
有病率は人口の約1%といわれています。

頻度の高い疾患であることから様々な民間療法もありますが、正確な診断は必ずしも容易ではありません。

ヘルニアを治療する上で重要な事は、どんなタイプのヘルニアがどこで何番目の腰神経を圧迫しているかを正確に診断することです。

その為にはヘルニアを画像上に直接写し出せるMRI検査が必要となります。
MRIでどんなタイプのヘルニアがどこにあるのかを診断する事が出来ます。

他に、腰椎の何番目の神経機能が障害されているかを調べる神経機能検査も必要で、MRI画像所見と神経機能検査の結果が一致したヘルニアが、症状の原因と診断されます。

このような検査の必要性から、椎間板ヘルニアを疑った場合には先ずは病院の整形外科で診断する必要があると云えます。