椎間板ヘルニアの症状と対処法

椎間板ヘルニアの症状と対処法

椎間板は脊骨の脊椎骨の間に存在していますので、理屈では椎間板ヘルニアは背骨のどこにでも起こる可能性があります。
しかし、椎間板ヘルニアの中でもなりやすいのは腰椎で、特に第4・5腰椎です。

背骨には脊柱管という管があり、その中を脊髄神経が走っています。
脊髄神経は第一腰椎のあたりから馬尾神経の束となり、下半身につながっています。
その為、腰椎でヘルニアが起こってくると、主に下半身に症状が出てきます。

ヘルニアの中心部の髄核が周囲の繊維輪を突き破って出てくる「脱出型」のヘルニアは、自覚症状がかなり激しく、確実に病院での診察を選択するのですが、髄核が外に出ないで繊維輪と共に膨らんでいく「膨隆型」は徐々に症状が進行していくため、なかなか自覚しにくい場合があります。

立ち続ける・座り続けると腰痛で辛くなる、腰を動かすと痛みが生じる、足がもつれる感覚がする、などの初期症状がありますので、それらの症状を感じたら椎間板ヘルニアを疑ってみると良いでしょう。
これらの症状が悪化していくと、激しい坐骨神経痛に襲われたり、排尿障害が現れることになります。

何らかのきっかけがあって突発的にヘルニアになってしまった場合、ヘルニアの周辺に炎症が起こり、居ても立っても居られない様な激しい痛みに襲われます。

腰に急激な痛みを感じた時は、まずは安静にするのが第一です。
炎症を和らげるために冷湿布などで患部を冷やします。コルセットがあれば装着すると痛みが緩和します。

楽な体勢で横になり、ある程度動けるようになったらすみやかに病院を受診してください。椎間板ヘルニアはレントゲン検査では診断できない事が多く、病院を選ぶ際はMRI検査が受けられる病院を選ぶようにしましょう。