子供でも発症する椎間板ヘルニア

子供でも発症する椎間板ヘルニア

椎間板自体は20代から老化が始まるといわれており、椎間板ヘルニアは20代から40代の方に最も多く見られる疾患です。
しかし、大人よりは少なくなりますが、それよりも若い世代(小学生など子供)でも、発症する例は少なくありません。

足に響くような痛みを訴えることが多く、運動することで痛みが強くなる傾向があり、くしゃみや咳などでも痛みが強くなることもあります。

子供の腰痛の原因としてよく挙げられるのが、「脊椎分離症」と「椎間板ルニア」です。

小学生や中学生などの子供の場合、椎間板に形態的な異常は見られないのに、何故椎間板ルニアが起こるのかというと、スポーツのやり過ぎなどで起こる腰椎分離症や、姿勢の悪さ、運動不足などが原因となっているようです。

動きたい盛りの小学生が腰痛を患っているというのは可哀想ですし、成長段階で体を動かさない事が、体の発育と共に体を支える筋肉や靱帯の発達にも悪影響を及ぼしてしまいます。

もしお子さんが腰痛を訴えていたら、早急に医師の診断を仰ぐようにしましょう。
小学生くらいの子供さんが腰痛を訴える場合は、先天的な脊椎の異常という事も考えられますので、しっかりと検査をしてもらう必要があります。

診断や検査方法は成人の場合と同じで、先ずはレントゲン検査を行います。
先天的な異常がある場合はレントゲン検査ですぐに判明する事もあります。

また、そういった異常が見られない場合には、MRI検査などを行なう場合もあります。
MRI検査では、詳細が分かりますので、原因が特定できます。

治療方法も成人の場合と同じで、まず安静にして、処方された鎮痛剤を服用します。
症状がなかなか治らないという場合には手術をする事もありますが、それはごく稀な
ケースです。

運動不足ばかりではなく、運動好きな活発な子供さんなども椎間板ヘルニアを発症する危険性は高いので、少しでも変だなと思ったらすぐに医師の診察を受けて下さい。