坐骨神経痛の原因となる椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因となる椎間板ヘルニア

「坐骨神経痛」という言葉は普段からよく聞く言葉で、これは腰から臀部、太ももの後部やふくらはぎを通り、足先まで分布する坐骨神経に沿って起こる、激しい神経痛のことです。
この坐骨神経痛というのは病名ではなく、腹痛や腰痛などと同じように症状を表す症状名です。

坐骨神経痛が起こる原因としては椎間板ヘルニアや梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、股関節疾患など、さまざまなものが考えられますが、最も多いのが椎間板ヘルニアです。

椎間板は、脊椎の椎骨と椎骨の間にあって、衝撃を吸収したりクッションの役割を果たしています。
椎間板ヘルニアは、椎間板の外側部分に亀裂を生じ、中心部の髄核が飛び出し周囲の神経を圧迫することで痛みやしびれ、麻痺などを起こす病気です。

ヘルニアは脊椎のどこの部分にでも起こり得るものなのですが、最も大きな負荷がかかる第4腰椎、第5腰椎に多くみられます。
このあたりで坐骨神経を圧迫することで、臀部から足先にかけて坐骨神経痛の症状が出るのです。

ラセーグテストといって、仰向けの状態で下肢を伸ばしたまま上げると坐骨神経痛がひどくなるような場合、椎間板ヘルニアの疑いがあります。

他に、しばらく座ったままでいると、坐骨部というお尻にある尖った骨や太ももがひきつれるように痛むような場合は、梨状筋症候群が疑われます。

梨状筋症候群とは、骨盤と大腿部をつなぐ梨状筋が緊張して、その下を通っている坐骨神経を圧迫することによってでる痛みのことをいいます。

高齢者の場合、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症など、老化による変形疾患が原因の腰痛が多いようです。

痛みやしびれなどで日常生活に支障をきたす坐骨神経痛は、放置しておくと悪化するばかりで、痛みをかばうようになると体のさまざまなところでバランスが崩れることになり、他の病気を誘発しかねません。

臀部から下肢にかけて痛みや痺れを感じたら、早急に専門医の診断を仰ぐ必要があります。