椎間板ヘルニアからくる足の痺れ

椎間板ヘルニアからくる足の痺れ

椎間板ヘルニアの症状はいろいろありますが、代表的な症状に急性期の激痛並びに下肢の「痺れ」があります。

腰からお尻にかけて激痛が走り、太もも、ふくらはぎ、足先までしびれが起こりますが、
人によっては、腰は痛くないのに、足だけがしびれてジンジンと痛いと言う人もいます。

ぎっくり腰は、何らかの原因で背筋や筋膜(筋肉を覆う線維性の膜)の損傷で、突然激しい痛みに襲われるものです。つまり筋肉由来の痛みといえます。

しかし、椎間板ヘルニアは腰椎や椎間板といった骨に起因する痛みで、ぎっくり腰のような激しい痛みから始まるとは限らない事があります。
足にジワジワとしびれが現れ、徐々に感覚が鈍くなるという症状も特徴の一つです。

椎間板ヘルニアは、椎間板の中心部にあるゼリー状の髄核が、加齢などで水分を失い硬化したり、外からの衝撃を受けて本来あるべき位置よりも飛び出してしまった状態をいいます。

その髄核が坐骨神経を圧迫することにより、お尻から足先にかけてのしびれや痛みが起こるのです。
日常生活で正座をしたわけでもなく、長時間同じ姿勢でいたわけでもないのに、足がしびれているようであれば、椎間板ヘルニアを疑がってみる事も必要です。

また、足のしびれは、両足に起こることもありますが、椎間板ヘルニアが原因で起こる足のしびれは、ほとんどが片足にのみに症状が現れます。

両足にしびれの症状が現れた場合は、腫瘍や血管障害などの他の重篤な病気の可能性もありますので、医師の診断によって鑑別が必要です。