日常の姿勢を見直して椎間板ヘルニアを予防

日常の姿勢を見直して椎間板ヘルニアを予防

腰椎椎間板ヘルニアは、先天性要因とは関係なく発症する可能性が高く、しかも若年層の方にも発症することがあります。
つまり、ぎっくり腰と同様にこれまで腰痛などとは無縁の方でも、いつその痛みに襲われるかわからないのが椎間板ヘルニアなのです。

椎間板は腰椎骨の間に存在し、衝撃吸収のクッション材の役目を果たしています。
椎間板は軟骨に近いもので、外側の繊維輪(繊維の塊)とそのなかにあるゼリー状の骨髄でできています。

様々な要因により、椎間板そのものや、中心部の髄核が所定の場所から飛び出してしまい、神経を圧迫すると痛みや下肢のしびれを発症させます。

椎間板が所定の場所から突出する原因は色々ありますが、やはり日常生活における姿勢の悪さが引き金になっていることが多いのです。

椎間板ヘルニアはヘルニアの脱出の仕方によっては、ヘルニア自体が自然消滅し症状は数か月間で良くなります。
しかし、同じ生活習慣で悪い姿勢を続けていると、再発は免れません。

姿勢は体に記憶されていますから、一時的に姿勢を矯正しても、すぐもとの悪い姿勢に戻ってしまいますので、常に意識して、姿勢を自己管理することが欠かせません。

【立った時の姿勢】

壁に密着して立った際に、後頭部、背中、お尻、そして踵が壁にしっかり着いているかどうかをチェックしてみて下さい。
一日2~3回でもやってみると、腰に負担のかからない正しい立ち方を体で覚えていくようになります。

【椅子に座る際の姿勢】

椅子に座る際は、座面に対して深く腰掛けて、お腹はこころもち引っ込めるような意識で背筋を伸ばして座ります。
椅子の高さは、足裏は完全に床面に密着し、膝の高さが座面より少し高いぐらいがベストです。

デスクワークをする方は、長時間座ったままだと腰に負担がかかりっぱなしになりますので、こまめに椅子から立って腰を伸ばすようにしましょう。

【クルマの運転時の姿勢】

営業マンや専業ドライバーの方は、同じ姿勢で長時間の運転をする為、腰痛に悩まされている方が多いのですが、腰を傷めない座り方がありますので習慣づけるようにしましょう

クルマでのシートの座り方も、基本は普通の椅子の座り方と同じで、シートには深く腰掛けて、膝の高さが股関節より高い位置にくるようにシートの位置を調整します。
膝の位置が低くなり、足を伸ばしてペダルを踏むことになりますので、シートを後ろに下げすぎないようにして下さい。

運転中に背もたれを後ろに倒しすぎると、背骨や腰に負担がかかり、腰痛を招きやすい姿勢になりますので、背もたれと座面の角度は90度近くが良いでしょう。

【寝具】

寝る際の姿勢が、お尻と背中が沈んでしまっている状態は生理湾曲が崩れて腰を痛める原因となりますのでよくありません。
寝具を選ぶ際は、柔らかすぎない事が重要です。
寝具選びは腰痛予防の為にも大変重要なポイントとなります。