腰痛ベルトの使用上の注意点

腰痛ベルトの使用上の注意点

腰痛ベルト(病院ではコルセットといいます)を装着することで腰痛時の患部が固定されて腰椎にかかる負担を軽減する事が出来ます。

腰痛の状態によって種々のタイプのコルセット・ベルト・サポーターがあります
椎間板ヘルニアの患者さんも、医師の指導でコルセットの装着をする事があります。

・激痛を伴う事が多い急性期(重度)の腰痛には、腹圧を逃さずしっかりと固定力を高めることができるもので動作制限を重視した幅広のもの(ぎっくり腰・ヘルニアになって1ヶ月未満の方)

・激痛はないが、つねにだるさを伴った痛みがある慢性期(中度)の腰痛には、日常生活の動作を出来るだけ妨げずに腹圧をかけ、患部を固定するもので、動きやすさも備わっているもの(ぎっくり腰・ヘルニアになって2ヶ月未満の方)

軽度(再発予防)の腰痛には、姿勢や動作での負担を軽減し、動きやすさを重視した日常生活の動作を妨げないもの

・軽度の腰痛で、常時装着用としては、仕事や日常生活の妨げにならず、また目立たないものを望む方や、骨盤を正しい位置に矯正し体型補正も同時に目指す方には、薄型腹巻タイプやスパッツタイプのもの

このように腰痛ベルトはさまざまのタイプのものがドラッグストアやインターネット、通販などでも取り扱われていますが、整形外科を受診し、体に合った腰痛ベルトを処方してもらうのが望ましいでしょう。

腰痛ベルトの巻き方で気をつける点は、きつく巻き過ぎないことです。
特に、椎間板ヘルニアで坐骨神経痛を伴っている場合は、軽くズレ落ちない程度に巻きましょう。

腰痛ベルトを付けると、痛みが最悪の状態からかなり改善されるため、つい無理をして
動いてしまうこともありますが、無理をすると余計に悪化して完治が遅れる事になります。

また、長時間使用すると筋肉がコルセットを頼るようになり、弱体化してしまいますので、
装着時間には注意しなければなりません。

痛みがある程度緩和された時点で腹筋・背筋運動を行い筋肉がコルセットの代わりになるようになれば、再発の可能性も低くなります。