ペインクリニック、ペイン治療

ペインクリニック、ペイン治療

ペインクリニック、ペイン治療という言葉を耳にしたことがあると思います。

ペインクリニックは、「痛み」を治療する専門の診療科で、 整形外科 ・内科・外科・皮膚科等の病気によって起こる痛みやしびれ等を診断・治療していきます。
つまり、ペイン治療は痛みを取り除くことを主体にした治療のことをいいます。

ペインクリニックは主に「神経ブロック治療」で痛みの緩和治療を行いますが、他にも痛みに有効な治療方法を組み合わせ、総合的に診断と治療を行います。

例えば

*神経興奮して起こる痛みの伝導を遮断する神経ブロック療法
*痛み続ける神経の興奮を抑える薬物治療 (内服薬)
*痛みの部位に軽い電気刺激を加えて刺激により痛みを抑えようとする刺激鎮痛法
*鍼灸治療
*リハビリ・運動・理学療法
*心理療法 (カウンセリングなど)
*手術療法

などの方法で治療が行われます。

最近では椎間板ヘルニアの治療としてもよく聞かれるようになっています。

腰痛の治療は、保存療法で薬を用いて痛みを緩和することから始まります。
椎間板ヘルニアと診断されると、手術を想像してしまいますが、腰痛で手術が行われるのは、しばらくの間保存療法を行ってみても効果が得られず、排尿障害などの神経症状がでるほど、状態が悪化しているケースです。

保存療法も、いわばペイン療法といえます。

椎間板ヘルニアの代表的なペイン療法としては神経ブロックがありますが、最近ではレーザーで椎間板を焼くPLDDという治療を受ける方も増えています。

神経ブロック療法は、痛みを脳に伝える神経に局所麻酔注射をして神経を麻痺させ、痛みの信号が脳に伝わることを遮断します。
神経ブロックは一時的な痛み止めではありませんので、長引く痛みに伴う痛みの連鎖を断ち切ることができ、腰痛以外の色々な病気にも使われています。

髄核にレーザーを照射するPLDDは、髄核のほんの数ミリ四方分を蒸散させて椎間板内部に空間を作ります。
この空間によって、飛び出していた髄核が中に引き戻されることになり、神経を圧迫していた状態を開放することができます。

PLDDの利点は、痛みの軽快が早く、翌日からすぐデスクワークにも復帰できるところにあります。
これは、働き盛りの年代の方にとっては非常にありがたい治療と言えるでしょう。
ただし、難点はPLDDが自由診療であり、費用が高額になるという点です。

クリニックによって金額は違いますが、概ね17万円程度といわれています。
長期間仕事から離脱をする事が出来ない方にとっては、検討しても良いと思える範囲の金額かもしれません。