腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎と腰椎の間にある椎間板は軟骨に近い成分で出来ています。
椎間板の中心部には水分を多く含むゼリー状の髄核が存在しており、その髄核が軟骨部分の繊維輪から脱出して脊髄方向に飛び出して神経を圧迫刺激する病気が、腰椎椎間板ヘルニアです。

脊椎後方には椎骨と椎骨を連結する靱帯があるため、ヘルニアはそれを避けて、普通はどちらか斜め後方にでます。

髄核が脱出する原因は、椎間板の繊維輪の変性です。
椎間板は、老化現象が人の体の中で一番早く始まる部位といわれており、20歳を過ぎる頃から老化が始まり、椎間板ヘルニアは30~50歳代の男性に多い病気といわれています。

椎間板は高齢になると水分を失って硬くなり、亀裂を生じにくくなりますので、極めて高齢の方に椎間板ヘルニアの患者さんが少ないのはこのためです。

症状は、通常は腰に急に生じる激痛と、左右どちらか一方の坐骨神経痛です。
急性のこの痛みはじっとしていても耐えられないほどの強い痛みです。

ヘルニアによって坐骨神経は障害を受けている可能性があり、坐骨神経の領域(臀部から大腿部下肢の裏側から足先にかけて)に痛みと痺れ、下肢の筋力低下を生じます。

これらの症状がある場合には椎間板ヘルニアを疑いますが、前傾姿勢や、横になっていて足を真っ直ぐにして持ち上げた時に疼痛が増加すること、などの症状からも椎間板ヘルニアであるとほぼ断定できます。

ヘルニアはレントゲンでは映りにくい事から、MRIの画像診断で判断を確定することができます。