椎間板ヘルニア対策:水中運動

椎間板ヘルニア対策:水中運動

椎間板ヘルニアの対処・予防法として、効果があるのが水中での動作です。

水の中は重力の影響が小さいので、フワフワと移動でき、腰や膝にかかる負担が少なくなります。つまり、身体には優しい状態であるとも言えます。

重力の小さい水中での生活は、宇宙で生活をしている宇宙飛行士と同じで、筋肉を弛緩させてしまいますが、意図的に水中で動くと、筋肉は重力とは別の「水の抵抗」を受けることになり、筋力トレーニングとしては効果的なものになります。

水中での体の動かし方次第で筋肉への負担を意図的に調整ができるので、椎間板ヘルニアを始め、腰痛患者にとっては、極めて理想的な筋力トレーニングといえます。

水中にいる時はあまり痛みを感じることなく動くことができますので、しばしの間は腰痛を忘れる事さえできて、心理的なストレスの軽減にもなります。

激しい運動が困難な高齢者には、もってこいの良いトレーニングであり、リハビリとなります。
各自に合った方法で、やりやすい運動を行えば、水中での運動であれば、「動く事」でトレーニング効果が生まれます。

「こうしなくてはならない」といった決まりは全くありませんので、最もやりやすい形で行えばいいのです。
歩き方にしても、後ろ歩きもあれば、横歩きもあります。膝をむなもとあたりまで上げながら歩く事も良い運動になります。

色々な形を考えて動いていると、時間はすぐに経っていきます。
ただし、「より効果的な運動」というものはありますので、専門家からより効率的な運動方法を教えてもらうのも良いでしょう。

水中にいる時は身体が軽いので疲労感を感じませんが、水中から出ると体がぽかぽかとして、運動をしたことが実感できるとともに、心地良い疲労感があると思います。

疲労感が本当の疲労になって蓄積されないように、水の中で動いた後はしっかりと休息をとるようにしましょう。