腰椎椎間板ヘルニアの保存療法

腰椎椎間板ヘルニアの保存療法

坐骨神経痛の治療は主に保存療法で行なわれます。
腰痛と坐骨神経痛を発症している場合に最も多い原因として、腰椎椎間板ヘルニアが考えられます。

腰椎椎間板ヘルニアはヘルニアの突き出し方によって違いはありますが、多くの場合で自然治癒する可能性が高く、したがって坐骨神経痛も自然に軽快していきますので、治療は保存療法で行われることが一般的です。

腰椎椎間板ヘルニアの保存療法では、急性期の痛みに対してまず安静を指示されます。

「安静」と言われるとほとんど動いてはいけないようなイメージがありますが、椎間板ヘルニアの場合は急性期の痛みは、薬の服用などである程度おさまります。

痛みが少し治まってきたら、腰痛や坐骨神経痛を悪化させる動作のみ制限し、あとは通常のままでよいとされています。

椎間板ヘルニアにとって腰痛や坐骨神経痛を悪化させる動作とは、腰の前屈、中腰、長時間の立ちっぱなし・座りっぱなしのような同じ姿勢を続けることです。
勿論、重い物を持ったり、激しい運動や無理な姿勢もしないように気をつけましょう。

痛みが激しいときには、必ず横になって休むようにしてください。

保存療法には温熱療法や牽引療法などもありますが、牽引はかえって症状を悪化させる場合がありますので注意が必要です。

温熱療法は患部周辺の筋肉の緊張をやわらげ、血行をよくするので痛みを軽減することができます。

しかしよく行なわれている腰痛体操には前屈運動が含まれていることもあるので、注意が必要です。

必ず医師や理学療法士の指導のもとに行ない、たとえ手軽なストレッチでも自己流では行なわないようにしましょう。

ただ、温熱療法や牽引療法は根本的な治療方法ではありません。
腰椎椎間板ヘルニアの原因として考えられている姿勢の悪さなどを矯正し、軟骨成分である椎間板の健康を保つための栄養補給などに配慮し、規則正しい生活を送ることが重要です。