腰痛と椎間板ヘルニア

腰痛と椎間板ヘルニア

腰痛や下肢の痺れの原因として考えられるのが、腰椎椎間板ヘルニアです。

椎間板は腰椎の椎骨と椎骨の間にあり、アンパンのような構造をしており、外側が軟骨成分の繊維輪で、中心部のアンコの部分が髄核というゼリー状のもので構成されています。

椎間板自体が膨らんで飛び出す場合もありまあすが、多くは髄核が繊維輪を突き破って外に脱出し、神経を圧迫します。

この状態の痛みは非常にきつく、激しい痛みのほかに下肢に痺れなどが生じ坐骨神経痛の症状を呈します。

その他、「冷え」を感じたり、足に感覚が無くなる感覚障害、筋力の低下などが現れてきます。

長時間の座位や立つことが辛く感じたり、30分以上歩くと腰痛を感じ痺れが起きたり前かがみの姿勢が辛いなど、腰を中心にさまざまな苦痛を訴えるようになります。
さらに症状が悪化すると、排尿障害を起こす場合もあります。

急に激痛に襲われた時は安静にすることが一番で、慌てないようにしなければなりません。
痛みが少し落ち着いてきたら、整形外科を受診するようにして下さい。

このような症状をおこす腰椎椎間板ヘルニアの原因は、推間板や骨の老化だけでなく、日常生活の動作が引き金や原因となることが多いといわれています。

日頃の姿勢の悪さが骨や骨盤の歪みに繋がり腰痛を引き起こし、将来的にヘルニアになる可能性もあるのです。普段から日常生活の動作にも注意しながら動くようにしましょう。

とくに慢性的に腰痛のある方や腰の弱い方は要注意です。
中腰で重いものを持たないようにする、腰を強くひねらない、長時間じっと立っている事や定位置で座っていることは避けるようにする、などの注意が必要です。

重い荷物を持つ場合は深く腰を落とし、なるべく自分に近い所で無理せず持つようにしましょう。

デスクワークや車の運転など、同じ姿勢で長時間座っている場合は、なるべく休憩時間をとり、軽い運動をするなどして、腰の筋肉をほぐし腰椎にかかる負担を軽減するようにして下さい。