若年性椎間板ヘルニア

若年性椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアというと、ぎっくり腰から移行する中高年の病気だと思われがちですが、実は20代から30代と若い世代に多く起きる病気です。

10代でも発症し若年性椎間板ヘルニアと呼ばれています。
若年性椎間板ヘルニアは、若い世代は椎間板の内圧が高く神経を強く圧迫するため、高齢者のヘルニアに比べて痛みが強い事が特徴です。

20歳代以降に起こる椎間板ヘルニアは、腰だけではなく臀部や下肢にも痛みが出てきますが、若年性のヘルニアでは主に腰痛が強く出るため、前にかがむ事も出来ない状態になります。

小学校や中学校から続けているスポーツが原因となる事もありますし、遺伝でなってしまう事もあると考えられています。

椎間板ヘルニアの不快感や痛みは経験した人にしか分からないかもしれません。
特に若い世代で起きる若年性椎間板ヘルニアは、日常生活に及ぼす影響も大きくなります。

修学旅行、テスト、受験勉強などなど、高校時代は色々な面においてとても貴重で重要な時でもあり、椎間板ヘルニアで日常生活が困難になると、大げさなようですがその後の人生に大きな影響を与えるかもわかりません。

もし息子さんや娘さんが腰の痛みを訴えていたら、すぐに病院に連れて行ってあげましょう。下肢に痛みを感じる事もあるようです。

腰椎椎間板ヘルニアは手術をしないで治癒することが多いので、その為にも早めの医師による診察が重要になります。