腰椎椎間板ヘルニアで坐骨神経痛を起こしている場合

腰椎椎間板ヘルニアで坐骨神経痛を起こしている場合

坐骨神経痛の病院治療は、多くの場合で手術をしないで保存療法で行います。
特に腰椎椎間板ヘルニアで坐骨神経痛を発症している場合には、自然治癒する可能性が高いことから、急性期には安静を指示され、鎮痛剤の服用などで痛みの軽減を図ります。

「安静」とは、この場合は腰痛や坐骨神経痛を悪化させる動作のみを制限し、あとは通常のままでよいという意味ですが、急性期の痛みの場合には動くことが困難な場合があります。

腰椎椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経痛を発症している場合、腰の前屈、中腰、長い時間立ちっぱなし、あるいは座りっぱなしなど同じ姿勢で続けないようにすることです。
激しい運動や無理な姿勢も禁忌です。

保存療法には温熱療法や牽引療法などもありますが、牽引療法は腰痛を併発している場合に有効となります。
温熱療法や運動療法は、筋肉の緊張をやわらげ、血行をよくすることで痛みを軽減できます。
しかし、いずれも痛みがある(炎症を起こしている)時はしてはいけません。

腰椎椎間板ヘルニアの患者の約8割くらいの人は、通常、3~6ヶ月程度で特に治療をしなくても飛び出したヘルニアが自然に小さくなって引っ込み、症状が改善されます。
しかしその反面、腰椎椎間板ヘルニアは再発する可能性も多いので、日頃の動作には注意が必要です。

保存療法を行っても痛みがおさまらない場合には、患部に直接麻酔薬を注射して痛みをブロックする、神経ブロック療法を行う事があります。

殆どの患者さんは、神経ブロックで改善がみられますが、それでも尚痛みがあり、排尿障害などが出てくると、保存療法だけでは今以上の改善は望めず、日常生活の快適さが損なわれてしまいます。

仕事や行動が制限され日常生活に支障をきたすようになった場合、また、高齢者で、筋力の衰えから歩行が困難になり、排尿や排便の障害をきたすようになったというような場合、手術を行なうことになります。