椎間板ヘルニアの発生原因と検査

椎間板ヘルニアの発生原因と検査

ヘルニアとは、本来あるべきところからはみ出していることを意味します。

椎間板は、椎骨と椎骨の間にある組織で、クッションのような働きをしているのですが、椎間板の外側の繊維輪に亀裂が生じ、中の髄核がはみ出している状態を椎間板ヘルニアといいます。

はみ出した髄核が、神経を圧迫することで腰痛が発生するのですが、多くは坐骨神経痛を併って発生します。

典型的なヘルニアは、20歳代~30歳代の若い人に多くみられるのですが、これは若いうちは椎間板に一定の内圧が保たれており、その圧力によって髄核が「とび出す」ことになるからです。

高齢者の場合、椎間板内の圧力はかなり弱くなっており、髄核を押し出すだけの力が無いために、椎間板ヘルニアは起きにくいと考えられています。

腰椎の椎間板は脊椎骨にある椎間板の中で、頸椎と並んで酷使している部位といえます。上半身を支える大きな圧力がつねに集中し、常時、動作を強いられていますから、老化が始まるのが早く、20歳代で既に始まっているといわれています。

椎間板の繊維輪に亀裂ができるのは、老化や椎間板の遺伝的な資質、無理な姿勢や腰の酷使などが考えられます。

腰部椎間板ヘルニアの診断方法で最もよく行なわれるのが、膝を伸ばしたまま下肢を上げるラセーグテストで、ヘルニアによって圧迫を受けている場合には、坐骨神経が引き伸ばされて痛みが出てきます。(陽性反応) 

また、ハンマーを用いて行う腱反射や筋力の低下の有無、知覚・痛覚などのテストも行われ、これらの診断によって、慣れた医師であれば、ほぼ正確にその発生部位を判断することができます。 

椎間板ヘルニアはレントゲンでは映りにくいので、さらに確固たる判断が必要な場合にはMRI検査、脊髄遺影検査などの画像検査を行います。