腰椎椎間板ヘルニアと間欠性跛行

腰椎椎間板ヘルニアと間欠性跛行

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は、腰痛、下肢痛、下肢のしびれです。
進行すると、下肢の筋力低下、膀胱直腸障害などもあらわれる事があります。

一般に腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛だけでなく、痛みやしびれが太もも、ふくらはぎ、すね、足の甲や足底、さらには足の指などの下肢にも表れ、腰と下肢の両方に症状が出るのが特徴です。

腰椎椎間板ヘルニアでは、腰を曲げたり伸ばしたりすると腰痛や下肢痛が悪化します。
特に前かがみで悪化することが多く、また、咳やくしゃみで痛みが増すのもヘルニアの大きな特徴です。さらに、立ち座りの動作、歩行、寝返りで痛みが出ることがあります。

腰部にある神経の束が圧迫を受ける事でこのような症状が出現します。
坐骨神経が障害を受けることで起こるのが間欠性跛行です。脊柱管狭窄症患者さんに多く見られる症状ですが、椎間板ヘルニアの場合にも生じることがあります。

歩くと症状がひどくなり、しばらく立ち止まると和らぎ、再び歩けるようになるもので、これを間欠性跛行といいます。

間欠性跛行は歩行困難になるほど痛む場合もありますが、痛みがさほど無ければ日常生活に影響を及ぼすことはあまりありません。

間欠性跛行の症状を緩和させるためには、運動療法が有効です。ウォーキングやエアロバイク、筋力トレーニングなどを用いて、身体の筋力アップをはかります。

その他に、間欠性跛行を和らげる方法として、物理療法があります。温熱療法や電気刺激、牽引などが主です。

間欠性跛行を改善するには、身体に筋力をつけていくことが不可欠なので、急性期の痛みがある時以外は、ただ安静にしているのではなく、積極的に身体を動かすようにしていくことが求められます。

腰椎椎間板ヘルニアが重症化すると、下肢の皮膚の感覚が鈍くなったり、足に力が入りにくくなりますが、この状態が長い間続くと、痛みが消えた後も皮膚の感覚異常と下肢の筋力低下が後遺症として残ることがあります。

通常、症状は片側だけに出ることが多いのですが、ヘルニアの出っ張りが大きくなると、両方の下肢に症状が出たり、膀胱や直腸をコントロールする神経(馬尾)まで障害を起こし、会陰部のしびれや残尿感、便秘が出現したりすることもあります。
これも脊柱管狭窄症の症状と似た特徴で、鑑別が重要です。