腰椎椎間板ヘルニアのリハビリ

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリ

突如激痛に襲われることのある腰椎椎間板ヘルニアですが、あまりの痛さに驚いてうろたえてしまう事もあります。

しかし、痛みが激しい時には病院へ行く選択よりも、安静にすることを選択してください。急性期(痛みの激しい時期)には体を動かすと余計に症状が悪化してしまいます。

症状が少し緩和してきたら整形外科を受診しましょう。
医師は問診やMRI検査などで腰椎椎間板ヘルニアであると判断をしたら治療に入りますが、多くの場合は保存療法で対処します。

鎮痛剤の投与や、場合によってはコルセットの装着を指示します。
痛みが緩和されてくると医師は、リハビリを開始します。

急性期に安静にしていたため、どうしても筋肉はおとろえるので衰えているので、その衰えを取り戻す必要があります。
しかし、筋肉が弱体化しているこの時期に無理は禁物です。
医師や、理学療法士のプランに基づいたリハビリを行う事が大切です。

ここでは一般的に良いとされるリハビリ法を紹介しておきます。

先ずは、寝返りです。
上半身をねじってから、下半身が追いついてくるのが寝返りではなく、上半身・下半身が同時に寝返りを打つことが出来るようにします。
上半身をねじってから、下半身がついてくる寝返りを行うとヘルニアが悪化しかねないのです。
医師の指導を受けて、腰に負担をかけない寝返りを覚えましょう。

上半身が起こせるようになったら腹式呼吸を行ってみる、ゆっくりと身体をねじってみるといった簡単な方法で体を慣らしていきます。
この時には身体をそらして伸びるような姿勢をしてはいけません。

続いて立ち上がるのですが、この時辛いようであれば腰痛バンドなどでサポートするといいでしょう。
一気に腰に負担が行かないように、手の力も借り負荷を分散させるようにしましょう。
立ち上がってからも前屈や後屈はしてはいけません。ゆっくり身体を左右にねじるのであれば、痛くない程度で行なってもかまいません。

次に歩行です。
ゆっくり足元を確認しながら、室内を歩いてみましょう。
少し自信がついてきたら、散歩や、体操など軽い運動を無理せず行います。
その場合でも、身体の前屈後屈系は避け、軽くねじるようなものを主眼に行って下さい。

ここまでくると、やっと腹筋・背筋を意識したトレーニングが開始できるようになります。だらだらとしていると神経に障害を及ぼしかねません。
必ず意識を集中し、無理をしない、痛みを感じたら中断するという姿勢が大事です。
散歩や水中歩行など、身体に負担をかけない方法を指導されます。

散歩はウォーキング用の良い靴を履いて、背骨(腰椎)に負担をかけないようにします。水中では、泳ぐよりは水の中を歩くのがリハビリテーションには適しています。