椎間板の再生

椎間板の再生

椎間板は、背骨を構成している椎骨の間にあり、軟骨と似た特性を持っており、クッションの役割を果たしています。

その椎間板が変性して、椎間板自体が膨らんだり、或いは椎間板の中心部の髄核が表面の繊維輪を突き破って出てくることで神経を圧迫し症状が現れるのが、椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアは脊柱間ではどこでも起こる可能性があるのですが、多いのが頸椎と腰椎の椎間板ヘルニアです。

画像検査で、椎間板に変性が見られることがあっても、神経を圧迫していないのであれば、特に問題はないのですが、その状態のまま日常で頸椎や腰椎に負担をかける悪い生活習慣を繰り返していれば、ヘルニアが神経を圧迫するようになる可能性は十分にあります。

椎間板ヘルニアの痛みを取り除くには、急性期では消炎鎮痛薬が用いられますが、根治的な治療としては、神経への圧迫を取り除く必要があります。

神経への圧迫を取り除くとなると、手術を思い浮かべますが、椎間板ヘルニアは自然消滅することがあり、時間はかかりますが、多くの場合で手術をしないで治療を行うようになります。

また、軟骨には再生能力があることが分かってきています。
椎間板の繊維輪は軟骨ではありせんが、軟骨とほぼ同じものなので変性した椎間板が再び安定した状態に戻り、神経を圧迫しなくなるということも期待できるのです。

椎間板は私達の体勢に合わせて形を変える性質を持っており、このおかげで私たちは体を曲げる捻るなど、色々な姿勢を比較的自由に変えることができるわけです。

椎間板は中央部にある髄核と呼ばれるボール状の部分、そして髄核を包む繊維輪、そして椎間板の上下にある軟膏性の終板の3つの組織から成っています。

中央にある髄核は弾力性に富むゼリー状の組織ですが、加齢とともに変性し、弾力性が失われていきます。

また椎間板にある血管は30歳ぐらいまでには消失してしまうので、椎間板への栄養供給と老廃物代謝は血液に替わってリンパ液と細胞外液の循環に頼らざるを得なくなります。

このような椎間板特有の加齢変化によって、椎間板の変性は20歳を過ぎた頃から始まるといわれています。

高齢者ではなく、働き盛りの年代に、ヘルニアが多く発症するのは、椎間板を取り巻く環境の変化が、意外と若い時期からやってくることにも原因があるといえます。

擦り減った椎間板を再生させるには、背骨を正常な位置に戻し、骨盤の歪みを整え椎間板にかかる異常な負荷を取り除かなければなりません。
つまり、姿勢を正しく保ち腰への負担を減らすことは、腰痛改善の基本ということになります。

ごく基本的な姿勢や生活習慣の改善だけで椎間板が安定し、再生するとはいえませんが、背骨の状態を正常にすることで人間の自然治癒力が発揮され、全ての安定につながるといっても過言ではありません。

姿勢は基本です。
正しい姿勢を意識して過ごすことが大切です。