カルシュウムは骨だけではなく筋肉にも重要

カルシュウムは骨だけではなく筋肉にも重要

椎間板ヘルニアは、椎骨間に有ってクッションの役割を果たしている椎間板が変性する事で突出し、神経を圧迫するために腰や下肢に痛みやしびれが生じる腰痛症の一つです。

椎間板ヘルニアの原因として一般的に言われるのは、加齢による椎間板の変性で、特に女性の場合は、閉経後に骨粗しょう症が進行しますので、カルシュウム不足には注意が必要となります。

しかし、丈夫な骨を形成するには、男女問わず、若いうちから十分なカルシウム摂取が重要なのです。

体内にあるカルシウムの殆どは骨に蓄えられていますが、骨以外で1%のカルシウムは、血液などの体液や筋肉に含まれています。この1%のカルシウムが、神経の情報を伝達する働きや、筋肉を動かす働きなど、人間の体が正常に機能するために必要で重要な役割を担っているのです。

体内では必要に応じて骨からカルシウムを取り出して、血液中のカルシウム濃度を維持しているのです。

血液中に十分なカルシウムがあると、筋肉の細胞にカルシウムが浸透し、筋肉が伸びたり縮んだりしてスムーズに体を動かすことができます

筋肉の収縮作用にカルシウムは必要不可欠といわれており、カルシウムは骨だけでなく筋肉にとっても大切な成分だということになります。

筋肉の緊張状態が続き正常に機能しなくなると、骨格に歪みが生じます。
椎間板にも無理な荷重がかかり続けてヘルニアを誘発しやすくなるのです。

私たちの骨は、年齢にもよりますが、2年ほどかけて体全体の骨が新しい骨に生まれ変わっているということで、骨も新陳代謝を繰り返しているという事になります。

無理なダイエットや偏食によって体内にカルシウム不足が生じると、腰痛などを引き起こす原因となるのは勿論、体調そのものを損なう事になりかねません。

カルシウムは日々の食事によって摂取するのがベストですが、カルシウム不足を補うためにサプリメントを活用してもいいでしょう。

ただしサプリメントは出来るだけ品質の良いものを選ぶことが大事です。
カルシウムのサプリメントの場合、カルシウム単体ではなく、複数のミネラルと一緒になったサプリメントのほうが吸収率を高まります。

ビタミンDやマグネシウムは腸でカルシウムの吸収を手助けしてくれますので、これらの栄養素も合わせて摂るようにしましょう。